任売マンの任意売却BLOG|住宅ローンの返済でお悩みではないですか?あなたのそのお悩み、実は任意売却であっさり解決できることをご存知ですか?



不動産をローンを借り入れて購入した場合にそのローンの返済ができなくなってしまった場合にはどうすればいいのでしょうか?

という全ての疑問やご質問にお答えするカテゴリーが任意売却のカテゴリーページです。

不動産をローンを借り入れて買うと当然ですが毎月の返済をずっとしていかなければいけません。

そしてローンの返済は数十年という長期に渡って続くことがほとんどです。

どれだけ長期スパンでの返済計画を見越して借り入れたローンであったとしてもローンの長期にわたるローンの返済期間の間には目まぐるしく変化する環境や突発的なアクシデントなど想定外の事態がいつ起こってもおかしくないというのが今の現実社会だといえるのではないでしょうか。

もしローンの返済が厳しい・払えないという事態に直面したときに対処の方法を知らなければ不動産は競売にかけられてしまい安く買い叩かれてさらに損失を拡大させてしまう可能性が高くなります。

ローンが払えないときにはできるだけ早いタイミングで任意売却で売り抜けて競売で安く落札されて損失が拡大することを回避する必要があるのです。

ここでは任意売却についての全てがわかるコンテンツを集めています。

◎住宅ローンが払えない・払えなくなりそうな場合
住宅ローンが払えない

◎住宅ローンを延滞・滞納してしまった場合
住宅ローンを延滞・滞納した

◎住宅ローンを延滞・滞納して一括請求や代位弁済されてしまった場合
一括請求・代位弁済された

◎競売申し立てをされて家が競売になりそうな場合
家が競売になりそう

◎税金を滞納してしまった場合
税金を滞納した

◎マンションの管理費や修繕積立金などを滞納してしまった場合
理費・修繕積立金を滞納した

◎不動産担ローンを借りていてトラブルになってしまった場合
不動産担保ローントラブル

◎消費者金融やキャッシング・カードローンなどを借りていてトラブルになってしまった場合
消費者金融トラブル

◎投資用不動産ローンなどを借りていてトラブルになってしまった場合
投資用不動産ローントラブル

◎離婚にあたって不動産トラブルになってしまった場合
離婚の不動産トラブル

◎任意売却の成功事例が知りたい
任意売却成功事例集

◎その他任意売却に関するコラム
任意売却コラム

住宅ローンと税金を滞納している場合には税金の支払いが最優先な理由

住宅ローンと税金を滞納している場合には税金の支払いが最優先な理由

任意売却で不動産を売却しようとしているということは、住宅ローンや税金、マンションであれば管理費や修繕積立金を滞納してしまっているのではないでしょうか。

全部払えていれば任意売却をすることにはならないと思いますので、あっちを払えばこっちは払えないという感じで全部は払えないという状況が多いです。

こういう場合に任意売却を進めていくうえでどの支払いを優先させていけばいいのでしょうか?

これは100%ダントツで『税金』です。断言できます。

固定資産税・都市計画税、自営であれば社会保険料や国民年金、所得税や消費税などです。

なぜ税金の支払いが最優先なのかというと、税金はいかなることがあっても死ぬまで消えないからです。

たとえ自己破産をしたとしても税金は残ります。

もし仮に任意売却で不動産を売却したあとの残債が膨大に残ったとしても自己破産が認められれば債務はゼロにすることができます。

十分に生活を再建することができるのです。

しかし税金の場合はそうはいかないのです。

この違いは一生においてとてつもなく大きいです。

この記事では、任意売却をするなら住宅ローンを滞納しているお金で税金の滞納を解消することで生活の再建に有利になるワケをご紹介します。

続きを読む

任意売却と自己破産はどっちを先にしたほうが債務者に得になるのか?

任意売却と自己破産はどっちを先にしたほうが債務者に得になるのか?

債務整理のひとつに『自己破産』があります。

よく勘違いというか混同されているのですが、

  • 任意売却すると自己破産しなければならない
  • 競売にされると自己破産しなければならない

というのは両方ウソです。

『自己破産』はあくまでも債務整理の手段の一つです。

任意売却や競売の後に残債が多く残ってしまいとてもじゃないけど返していけないというときは自己破産することで多く残った残債をリセットすることができるのでその分次の生活の立て直しに有利になるということです。

『自己破産』をして裁判所から免責許可決定を受けると、任意売却後の住宅ローンの残債やその他の借入など、すべての借入の返済をしなくてよくなります。

債務者が不動産を所有している場合の自己破産は大きく分けて下記の2パターンが存在します。

  • 自己破産手続きをしてから任意売却をする
  • 任意売却をしてから自己破産手続きをする

どちらにしても注意すべき点はありますので不動産と自己破産の手続きに慣れた弁護士に依頼する方が安心です。

この記事では、任意売却と自己破産はどっちを先にやるほうが債務者に得になるのかについてご紹介します。

続きを読む

住宅ローン返済の借金地獄から誰もが復活できる超重要な5つの考え方

住宅ローン返済の借金地獄から誰もが復活できる超重要な5つの考え方

住宅ローンの支払いに追われて住宅ローン借金地獄に陥っているときは誰もが心の余裕を失ってしまいます。

住宅ローンが払えなくなってしまっても前向きに任意売却に取り組むことができれば大抵のことは解決に向かっていきます。

しかし中には

  • もうどうでもよくなって投げやり
  • 落ち込んでノイローゼっぽくなる
  • どうしていいか分からず動けない

などの精神状態になって負のスパイラルに陥ってしまうケースがけっこうあります。

住宅ローンが払えない後ろめたさと、住宅ローンを払えなくなって今後どうなっていくのだろうと言う不安感から、悪いほうに悪いほうに考えてしまい前向きに動く気力まで失ってしまうのです。

こうして精神的に病んでしまうことが住宅ローン地獄の入口でもあるのです。

ここはひとつ住宅ローンが払えないことは払えなことで事実だけを受け止めて後ろ向きに考えずに、前へ前へ進むように考えたほうが建設的です。

前向きに考えるとは、住宅ローンが払えなくなって任意売却をした後のご自身とそのご家族の生活の建て直しをまずは第一に考えるということです。

自身の生活の再建なのですから自分たち第一で考えていいんです。

この記事では、住宅ローン返済の借金地獄から誰もが復活できる超重要な5つの考え方をご紹介します。

続きを読む

住宅ローンを滞納しても住み続けられる任意売却リースバックスキーム

住宅ローンを滞納しても住み続けられる任意売却リースバックスキーム

住宅ローンが払えなくなって滞納してしまい任意売却をせざるを得ない状況になってしまったとしても住み慣れた愛着のある今の家にそのまま住み続けたいというのが本音のところだという方が多いのではないでしょうか?

住宅ローンを数ヵ月にわたって滞納してしまい期限の利益を喪失すると月々の分割払いが出来なくなるので金融機関からは残金の一括返済を求められます。

そうなってしまうと取り得る主な選択肢としては

  1. 全額返済
  2. 競売
  3. 任意売却

の3択になってきます。

そもそも月々の住宅ローンの返済が厳しかったのですから全額返済は現実味が少ないですし、かといって競売にはなりたくないとのことで多くの方が任意売却での解決を望まれるのが現実です。

もちろん任意売却を行えば家を売却することになるので家の名義は第三者である購入者のものになってしまいます。

しかしそこでその購入者の第三者から家を賃貸で借り受ける方法があります。

当然家を賃貸で借り受けるので家賃は発生しますがそのまま住み続けることができます。

それが『リースバック』です。

任意売却で家を売却する際の出口としてあらかじめリースバックをして頂けるという購入者に対してアプローチを行えばそれも可能になるのです。

この記事では、住宅ローンを滞納してしまっても住み続けられる任意売却リースバックスキームについて説明します。

続きを読む

任意売却に取りかかるのが早ければ早いほど断然有利に進められる理由

任意売却に取りかかるのが早ければ早いほど断然有利に進められる理由

住宅ローンの返済が厳しくなってギリギリまで頑張って結局任意売却で不動産を売却するのであれば早い段階で住宅ローンの返済に見切りをつけたほうが良いと以前もお伝えしました。

それはなぜなのでしょうか?

住宅ローンの返済が厳しくなってくるとまず生活を切り詰めます。

食費・光熱費・娯楽遊興費・教育費・小遣い・・・etc。

住宅ローンを払うためにカツカツの生活を続けなくてはなりません。

それでも足りなければ、

  • 貯蓄を切り崩す
  • 生命保険や定期預金を解約する
  • 税金の支払いを待ってもらう
  • 他から借り入れをする

という形で今まで築いてきたストックをどんどん目減りさせていき金目の物は全てつぎこんで最終的にはさらに借り入れを増やしてしまうようなところまで行き着くこともあります。

その結果なんとか持ち直せばよいのですがなかなかそうはいかず、状況は悪化の一途をたどることが多いのです。

そして貯蓄を全て切り崩してお金になるものは全て解約しても結局住宅ローンの返済が行き詰まることの先送りにしかならなかったという結果となってしまうのです。

そうなると全てを失って手元にお金が全く残っていないため身動きが取れなくなってしまうのです。

任意売却で不動産を売却する目的はあくまで生活の再建にありますのでその目的をできるだけ良い形で達成することを考えるべきなのです。

この記事では、任意売却に取りかかるのが早ければ早いほど有利になる理由について見ていきましょう。

続きを読む

任意売却と任意売却後の残債の処理は分けて考えるとスッキリする理由

任意売却と任意売却後の残債の処理は分けて考えるとスッキリする理由

任意売却で不動産を売却しようとしているということは普通に相場で不動産を売却できる金額よりもローンの残債のほうが上回っている状況だと思います。

よくあるケースですが

  • 売主が残債が残るのを嫌う
  • 不動産会社が任意売却のやり方を分かっていない

のどちらかもしくは両方が原因でかなりの長期間にわたって相場よりも高い価格で不動産の販売を続けているケースが散見されます。

そしてそうこうしているうちにいたずらに時間だけが過ぎていってしまい状況を悪化させてしまうのです。

住宅ローンの返済に問題がなく長期間かけてでもできるだけ高く売りたいという状況であれば可能性の追及としては悪くありません。

しかし住宅ローンの返済が厳しくなりそう、もしくはすでに住宅ローンの返済が厳しくなっていて滞納もしているという状況で時間を無駄にかけてしまうのは状況を厳しくしていくことになります。

そして最悪の場合は時間切れで競売になってしまうという結末が待っています。

この記事では、任意売却で不動産を売却することと任意売却したあとに残る残債の処理は分けて考えると任意売却はうまくいくという考え方をご紹介します。

続きを読む

住宅ローンを払うために生活費を切り詰めすぎて消耗していませんか?

住宅ローンを払うために生活費を切り詰めすぎて消耗しているあなたへ

持ち家や分譲マンションを住宅ローンをめいっぱい組んで頑張って買ったものの『とてもじゃないけど最後まではこの住宅ローンは払えない』とうすうす感じながらも毎月の住宅ローンを仕方なく払い続けてはいないでしょうか?

しんどいでしょう。住宅ローンを払うことだけのために住宅ローンの返済を中心にした生活というのはしんどいと思います。

『住宅ローンを組むことができる金額』というのと『住宅ローンを返していくことができる金額』は違います。

そして『住宅ローンを返していくことができる金額』と『充実した生活をしながら住宅ローンを返していくことができる金額』というのも違います。

給料などの収入の全てを住宅ローンの返済だけにつぎ込むわけにはいかないからです。

もし全収入をつぎ込まなければ住宅ローンが払えないというのであれば、それはそもそもの住宅ローンを借り入れた時の設定が間違っています。

なぜなら持ち家や分譲マンションを住宅ローンで買うということは賃貸住宅に住み続けるよりもより良い暮らしや充実した人生を送るためのものだからです。

しかし実際には無理な住宅ローンを借り入れたばっかりに住宅ローンの返済が精いっぱいでとてもじゃないけど賃貸住宅に住んでいたときよりもより良い暮らしや充実した人生を送れているとはいえない人が大勢いらっしゃるのが現実なのです。

つまり自分の返済能力よりも高い家やマンションを住宅ローンが組めたという理由だけでよく考えずに買ってしまったということです。

何のための持ち家や分譲マンションなのか?何のための住宅ローンなのか?住宅ローンを払うことだけのために生きているわけではないはずですしそんな人生を送り続けることは不本意ではないでしょうか?

そんなときには一度リセットしてやり直す勇気を持つということも長い人生の中ではとても大切なことになってくるのです。

困った時には大きな青空を見上げて深く深呼吸してみましょう。小さなことにこだわって大きなものを見失ってはいないか考えてみるのもいいものです。

続きを読む

親の土地に家を建てる際に借りた住宅ローンが払えない場合どうなる?

親の土地に家を建てる際に借りた住宅ローンが払えない場合どうなる?

親の土地に家を建てる際に住宅ローンを組んでその住宅ローンが払えなくなったらどうなってしまうのでしょうか?

すなわち不動産の名義が、

  • 土地:親
  • 家:自分

の場合です。

この場合で対応が分かれるのが

  • 住宅ローンの抵当権が家だけに設定
  • 住宅ローンの抵当権が家と土地に設定

されているかどうかで大きく変わってきます。

住宅ローンの抵当権が家だけに設定されていれば最悪の場合でも家だけが競売にかかり親の土地は取られることはありません。

しかし住宅ローンの抵当権が家と土地の両方に設定されている場合は最悪の場合家と土地の両方を手放さなければならない可能性が出てきます。

この記事では親の土地に家を建てる際に住宅ローンを組んでその住宅ローンの返済ができなくなった場合はどうなるのか?についてご紹介します。

続きを読む

任意売却や自己破産をするとブラックリストに載って一生を棒に振る?

任意売却や自己破産をするとブラックリストに載って一生を棒に振る?

任意売却で不動産を売却するとブラックリストに載るのでしょうか?

そして自己破産するともっと重たいブラックリストに載るのでしょうか?

などというご質問は住宅ローン返済問題をかかえるご相談者様から非常に多く頂きます。

それだけ多くの人がブラックリストに載るのは嫌だと考えているということですが中には都市伝説のようなものもあります。

実は任意売却したからブラックリストに載るとか自己破産したからブラックリストに載るとかそんなことはまったくありません。

というかそもそもブラックリストなるものは存在していないというのが事実です。

勘違いの元となっているのが『個人信用情報』です。俗にいう『個信』というデータベースです。それは確かに存在しています。

  • CIC(指定信用情報機関)
  • JICC(日本信用情報機構)
  • KSC(全国銀行個人信用情報センター)

という3つの個人信用情報を取り扱う機関があり、金融機関やクレジット会社が借入の申込を受けた際にこのデータベースにアクセスして、借入申込者の今までの借入履歴や事故歴などを見て審査を行うということです。

なので任意売却で不動産を売却する際に住宅ローンを延滞したという事実や代位弁済されたという事故歴は個人信用情報には登録されることになります。

延滞歴や事故歴が個人信用情報に登録されていれば次に借入をしようとしたときに金融機関がデータベースにアクセスして審査で落としてしまうので借入ができなくなるというわけです。

なのでブラックリストというものは存在しませんが返済履歴はもちろん延滞や事故の事実は個人信用情報のデータベースに登録されるということは覚えておく必要があります。

続きを読む

任意売却する前から知っておくと安心な任意売却後に残った残債の末路

任意売却する前から知っておくべき任意売却で残債が残った場合の末路

任意売却で家を売却して住宅ローンの残債が残った場合にその住宅ローンの残債はどのような末路をたどっていくのでしょうか?

任意売却で家を売却した後に残る残債を少しずつ払っていたら残債が債権譲渡されて別の債権回収会社に移ったなどというケースも多いです。

任意売却後の住宅ローンの残債が債権譲渡されて別の債権回収会社に移ったという場合は今までの私の経験上、債務者にとって良い方向に転がるか悪い方向に転がるかその時にならないと分からないことが多いです。

債務者にとって良い方向に転がる場合は、債権譲渡された別の債権回収会社から債務免除と引き換えにある程度の金額をまとめて支払うことで残債全部を払わなくてもチャラにしてくれるような場合です。

債務者にとって悪い方向に転がる場合は、移った債権回収会社から今までより取り立てが厳しくなったり、連帯保証人がいれば債権回収会社が連帯保証人の資産を調べてそちらにも督促の手を強めたりするケースがあります。

どちらにしても任意売却したあとの残債がどこに債権譲渡されるのかはこちら側では完全にはコントロールできない部分です。

なので任意売却する前にそのへんのことも知っておくことがベストなのです。

任意売却したあとにそんなことになるとは知らなかったと言っても後の祭りなのです。

この記事では、任意売却する前に知っておきたい任意売却後の残債が債権譲渡されて別の債権回収会社に移るとどうなるのか?について見ていきます。

続きを読む