任売マンの任意売却|任意売却なら任売マンにご相談!ここを見れば任売マンの任意売却の全てが誰にでも簡単にわかる!



不動産をローンを借り入れて購入した場合にそのローンの返済ができなくなってしまった場合にはどうすればいいのでしょうか?

という全ての疑問やご質問にお答えするカテゴリーが任意売却のカテゴリーページです。

不動産をローンを借り入れて買うと当然ですが毎月の返済をずっとしていかなければいけません。

そしてローンの返済は数十年という長期に渡って続くことがほとんどです。

どれだけ長期スパンでの返済計画を見越して借り入れたローンであったとしてもローンの長期にわたるローンの返済期間の間には目まぐるしく変化する環境や突発的なアクシデントなど想定外の事態がいつ起こってもおかしくないというのが今の現実社会だといえるのではないでしょうか。

もしローンの返済が厳しい・払えないという事態に直面したときに対処の方法を知らなければ不動産は競売にかけられてしまい安く買い叩かれてさらに損失を拡大させてしまう可能性が高くなります。

ローンが払えないときにはできるだけ早いタイミングで任意売却で売り抜けて競売で安く落札されて損失が拡大することを回避する必要があるのです。

ここでは任意売却についての全てがわかるコンテンツを集めています。

◎住宅ローンが払えない・払えなくなりそうな場合
住宅ローンが払えない

◎住宅ローンを延滞・滞納してしまった場合
住宅ローンを延滞・滞納した

◎住宅ローンを延滞・滞納して一括請求や代位弁済されてしまった場合
一括請求・代位弁済された

◎競売申し立てをされて家が競売になりそうな場合
家が競売になりそう

◎税金を滞納してしまった場合
税金を滞納した

◎マンションの管理費や修繕積立金などを滞納してしまった場合
理費・修繕積立金を滞納した

◎不動産担ローンを借りていてトラブルになってしまった場合
不動産担保ローントラブル

◎消費者金融やキャッシング・カードローンなどを借りていてトラブルになってしまった場合
消費者金融トラブル

◎投資用不動産ローンなどを借りていてトラブルになってしまった場合
投資用不動産ローントラブル

◎離婚にあたって不動産トラブルになってしまった場合
離婚の不動産トラブル

◎任意売却の成功事例が知りたい
任意売却成功事例集

◎その他任意売却に関するコラム
任意売却コラム

住宅ローンが払えず困った時にリースバックより損せず良い条件で住み続けられる親族間売買を成功させる秘訣

住宅ローンが払えず困った時にリースバックよりもお得に家に住み続けられる方法があることをご存知でしょうか?

住宅ローンが払えない、これは困った、しかしさまざまな事情があり今の家には住み続けたい、近所にも家を売ることを知られたくないなどという場合にリースバックを検討する方は非常に多いのですが、いざリースバックの話を聞いてみるとリースバックでは今あなたが抱えている問題の解決がなかなかスッキリとはできないのではないでしょうか?

そして、住宅ローンが払えず困った時にリースバックよりも損せずにより良い条件で家に住み続けられるかもしれない方法があることをご存知でしょうか?

病気やケガ、会社からのリストラや転職の失敗、昨今のコロナ禍の影響による残業手当や休日出勤手当の削減、ボーナスの削減やカットなどによる収入減が原因で払えていた住宅ローンの返済が厳しくなって毎月の支払いやボーナス払いが払えなくなっているという人が日に日に増え続けています。

そして住宅ローンは払えないもののさまざまな事情によって家に住み続けたいがどうすればいいのか?と日々頭を悩ませられている人も同じように増え続けているのです。

しかし、一筋の希望を持ってリースバックを検討してみたものの、住宅ローンの返済が厳しいという今の状況をリースバックですっきり全て問題解決できるというケースは実はあまり多くはありません。

その結果、あちこちのリースバックを取り扱っているという不動産会社などにあれこれ話を聞いているうちに時間だけがどんどん経過してしまい、債権者から競売申し立てをされてしまったという最悪のケースもありました。

実は、リースバック以外にも不動産を売却してもそのまま家に住み続けられる方法は他にもあるのです。

リースバックを取り扱っているといいう不動産業者からはこういった問題解決方法を提案してもらえることはそう多くはありません。

結局は現実を受け入れて仕方なくリースバックをしてもらって不利な条件で泣く泣く家に住み続けているというケースも少なくないのです。

住宅ローンの返済が厳しくてもう払えない、しかし事情があり家にはそのまま住み続けたい、という場合にリースバックの話を聞いてもどうも根本的には問題解決になりそうにない、という際にはぜひ検討してみる価値がある解決方法があるのです。

続きを読む

離婚して家に住まなくなったら住宅ローンは一括請求されてしまうの?

離婚して家に住まなくなったら住宅ローンは一括請求されてしまうの?

住宅ローンはその家に住むことを前提に融資されていますが、もし離婚してその家に住まなくなったら住宅ローンは一括請求されてしまうのでしょうか?

住宅ローンをそのままにして離婚してその家に住まなくなるパターンは下記2つのどちらかです。

  1. 住宅ローンは夫(妻)名義で夫(妻)が家を出て住まなくなる
  2. 住宅ローンは共有名義で夫婦のどちらかが家を出て住まなくなる

住宅ローンの名義人ではない方が家を出ていく分には住宅ローンの制度上では何の問題もありません。

問題になってくるのは住宅ローンの名義に絡んでいる者が家を出ていく場合です。

上記1.2.に共通して多いのが妻と子供は家に残して住宅ローンの名義人である夫が家を出るケースです。

そして住宅ローンは離婚して家を出た夫がそのまま払っていくという形が多いです。

続きを読む

債権回収会社から通知がきたらヤバイ?債権回収会社って何者なのか?

債権回収会社から通知がきたらヤバイ?債権回収会社って何者なのか?

住宅ローンの返済を延滞・滞納したり代位弁済されて一括請求されたりすると債権回収会社(サービサー)なるものから通知がくることがあります。

債権回収会社(サービサー)という文字からしても物々しいので何かヤバイところから通知がきたと思ってビックリしてしまうかもしれません。

債権回収会社(サービサー)とは何者なのでしょうか?

債権回収会社(サービサー)とは法務大臣の許可を受けた債権回収業務を専門に行うれっきとした金融機関です。

法務大臣の許可の条件はかなり厳しく、

  1. 資本金5億円以上の株式会社
  2. 取締役に1名以上の弁護士
  3. 反社会的勢力等の参入排除の仕組み

などが必要条件となっています。

なので法務大臣の許可を受けた債権回収会社(サービサー)は現在日本全国に77社しかありません。(令和2年12月1日現在)

⇒債権管理回収業の営業を許可した株式会社一覧(法務省ホームページ)

債権回収会社(サービサー)はこれだけ厳しい条件で許可を受けているきちんとした金融機関ですので、債権回収会社(サービサー)から何かしらの通知がきたということはそれなりの理由がこちらにあるということだと思って間違いありません。

ただし債権回収会社(サービサー)をうたった怪しい詐欺まがいのことをしているところもあるようですので債権回収会社(サービサー)から通知がきたら必ず前述の法務省ホームページなどでその債権回収会社(サービサー)がきちんと法務大臣から許可を受けているところかどうかを調べる必要はあると思います。

続きを読む

住宅支援機構の住宅ローンの催告書が債権回収会社から来たらまずは競売回避!住宅金融支援機構の債権回収会社に連絡を!

住宅金融支援機構の住宅ローンで債権回収会社から催告書が!どうする?

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の住宅ローンを借りていて延滞・滞納してしまい債権回収会社(サービサー)から催告書がきてしまったらどう対応すればいいのでしょうか?

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の住宅ローンを延滞・滞納してしまうと最初のころは住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の住宅ローンの融資を取り扱った窓口金融機関の担当者から連絡が入ることがほとんどです。

そして住宅ローンの延滞・滞納分が解消できずに一定回数以上累積してしまうとその窓口金融機関から住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の債権回収業務を業務委託されている債権回収会社(サービサー)から催告書が届くという流れになっています。

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の住宅ローンの場合は概ね3回~6回の延滞・滞納回数の累積で債権回収会社(サービサー)から催告書が内容証明で送られてくることになります。

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の債権回収業務を業務委託されている債権回収会社(サービサー)は下記3社です。

  1. 住宅債権管理回収機構
    住宅債権管理回収機構から催告書がきたらすぐにやるべきこと
  2. エムユーフロンティア債権回収
    エムユーフロンティア債権回収から催告書がきたらすぐにやるべきこと
  3. 日立キャピタル債権回収
    日立キャピタル債権回収から催告書が来たらすぐにやるべきこと

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)で住宅ローンの融資を受けた時の窓口金融機関によって、上記3社のどれかの債権回収会社(サービサー)から催告書が送られてくることになります。

続きを読む

裁判所から競売の通知がきたらあとどれくらいの期間家に住めるのか?

裁判所から競売の通知がきたらあとどれくらいの期間家に住めるのか?

裁判所から競売開始決定の通知がきたらあとどれくらいの期間家に住んでいられるのでしょうか?

ざっくりですが約6ヵ月間くらいとお考え下さい。

住宅ローンが払えずに延滞・滞納してしまうと期限の利益を喪失して住宅ローンの残高を一括で請求されます。

そして住宅ローンの残高を一括で返済できなければ債権者は裁判所に競売の申立てをするのです。

裁判所は競売の申立てを受けて競売開始決定をしてその通知が債務者に届くという流れです。

その競売開始決定通知が届いてから家をでなければいけないときまでが約6ヵ月です。

ただし裁判所の競売件数の抱え具合によって早まったり逆にもっと期間がかかったりすることもあります。

続きを読む

住宅ローン残高を一括請求や代位弁済するという通知が来た時の最善策

住宅ローンの残高を一括請求や代位弁済するという通知がきた際の対策

住宅ローンの残高を一括請求や代位弁済されるという通知が来てしまったらどうすればいいのでしょうか?

住宅ローンを一定回数延滞・滞納するとまずその延滞・滞納分をまとめて支払って延滞・滞納状態を解消するように督促されます。

多くの金融機関の場合で延滞・滞納回数が5〜6回くらいで延滞・滞納状態をリセットするように促されます。

場合によってはもっと早く延滞・滞納3回目くらいでもそうなったケースもありました。断続的に延滞・滞納しては少し払って延滞・滞納回数を減らしながらきたという場合では累積の延滞

滞納分が3ヶ月分でもいったん延滞・滞納分を解消しなさいということです。

そして延滞・滞納分をまとめて支払うことができなければ、今度は住宅ローンの残高を一括請求されることになります。

  • 住宅金融支援機構であれば全額繰上償還請求
  • 銀行や信金などで保証会社を使っていた場合は代位弁済
  • 保証会社を使っていない場合は一括請求

といった具合になるのですがどこも基本的には今残っている住宅ローンの残高を一括で支払ってくださいという請求を行います。

住宅金融支援機構の住宅ローンで債権回収会社から催告書が!どうする?

続きを読む

住宅ローンを延滞・滞納してしまっても絶対にしてはいけない3つのこと

住宅ローンを延滞・滞納してしまっても絶対にしてはいけない3つのこと

住宅ローンを延滞・滞納してしまうと精神的にも動揺してしまうと思いますが絶対にしてはいけないことがあります。

それは何だかおわかりでしょうか?

これまでご相談頂いた方々でこれをしてしまったばっかりに状況がさらに悪化したりリカバリーが遅れたりその後の生活の再建にまで悪影響をおよぼしてしまうことが多いです。

住宅ローンを延滞・滞納してしまっても絶対にしてはいけないことというのは下記3つです。

  1. そのまま延滞・滞納を放置し続ける
  2. 税金を滞納して住宅ローンを補填する
  3. 他から借り入れをして住宅ローンを返済する

これらの3つのどれかをしてしまっている方もいらっしゃいましたし3つとも全てをしてしまっている方もいらっしゃいました。

そしてそのような方々は結果的には住宅ローンの延滞・滞納を解消することはできずに金銭的な損害を拡大させてしまいました。

ここでは住宅ローンを延滞・滞納してしまっても絶対にしてはいけない3つのことをご紹介します。

続きを読む

住宅ローンを延滞・滞納してからはあとどれくらいの期間住めるのか?

住宅ローンを延滞・滞納してからはあとどれくらいの期間住めるのか?

住宅ローンを延滞・滞納してしまったら家にはあとどれくらいの期間そのまま住んでおくことができるのでしょうか?

住宅ローンが払えていないからといって突然家を出てくれと言われても困ってしまうと思います。

住宅ローンを延滞・滞納すると家をすぐに追い出されるようなイメージを持っている方は多いですが実際にはそんなことはありません。

住宅ローンを延滞・滞納してしまったらいずれ競売になったりして家を取られてしまうということは何となく分かってはいるとしてもイメージ的にすぐに家を出なければいけないと思っている方はとても多いです。

実際はそんなことはなく住宅ローンを延滞・滞納してもある程度の期間、最低でも6ヶ月から1年くらいはそのまま家に住んでおくことができます。

住宅ローンを延滞・滞納してしまっているということはおそらく家計の収支も厳しい状況だと思われますのですぐに家を出てくれと言われても金銭的にも困ると思います。

なので住宅ローンを延滞・滞納してしまっても、ここは落ち着いて今後のリカバリーをしっかりと考えていくべきです。

続きを読む

代位弁済ってどういうこと?代位弁済されてしまったらどうしたらいい?

代位弁済ってどういうこと?代位弁済されてしまったらどうしたらいい?

住宅ローンの延滞・滞納を続けてしまうと保証会社から代位弁済されてしまいますが代位弁済とはどういうことなのでしょうか?

住宅ローンの代位弁済とは銀行などが住宅ローンを貸し付ける際に保証会社の保証付きで融資している場合に、債務者が住宅ローンが返済できないと保証会社から住宅ローン残高の立替え払いを受けることを指します。

保証会社側から見ると保証会社は保証料を銀行から受け取って銀行が融資した住宅ローンの債務保証をしているということになります。

例えば銀行が3000万円の住宅ローンの融資をする際に保証会社が2%の60万円の保証料をもらって債務保証に入るという具合で保険のような仕組みになります。

そしてもし銀行がその3000万円の住宅ローンをどこかで回収不能になった場合に、その時点での残高を債務保証を受けている保証会社から立替え払いをしてもらうという仕組みになっています。

立替え払いをしたあとで保証会社はその立替え払いをした金額を一括で住宅ローンの融資を受けていた債務者に請求するというわけです。

続きを読む

マンションの管理費や修繕積立金を滞納しても競売には・・・なります!

マンションの管理費や修繕積立金を滞納しても競売には・・・なります!

マンションの管理費や修繕積立金を滞納したくらいでは競売にはならないと思われてはいないでしょうか?

マンションの管理費や修繕積立金を滞納するとどうなってしまうのか?

残念ながらマンションの管理費や修繕積立金を滞納しても競売にかけれられてしまうことは往々にしてあるのが現実です。

マンションの管理費や修繕積立金、駐車場使用料など月々にすると数万円くらいの金額ですので、もし1年間マンションの管理費や修繕積立金を滞納し続けたとしても数十万円くらいの滞納額の規模感になると思います。

それくらいの金額であればまさか競売にはされないだろうと油断しているととんでもない目にあうことがあります。

マンションの管理費や修繕積立金を滞納すると管理組合や管理会社から支払いの督促が来るようになります。

それでも管理費や修繕積立金の滞納分の支払いがなければやむを得ず管理組合から競売申立をされてしまいお持ちのマンションは競売にかけられてしまうのです。

そうなると滞納している管理費や修繕積立金を全額まとめて一括で管理組合や管理会社に支払わなければ競売を取り下げてもらえないということです。

今までの経験上、だいたい管理費や修繕積立金の滞納総額が200万円を超えてくると管理組合や管理会社から競売にかけられてしまうケースが増えてきます。

続きを読む