一棟収益のローン戦略|不動産投資の最大最強のメリットはローンが使えること



一棟収益不動産投資の最大のメリットであり最大の強みでもあるのが少ない自己資金で銀行をはじめとしたローンの借り入れができ大きな金額の投資を行えるというところにあります。

このことを不動産投資でレバレッジをかけるとも言います。

普通のサラリーマンや公務員などが一棟収益不動産投資の元手資金として何千万円も用意することは簡単ではありません。

その元手が貯まるまで待っていては膨大な時間をロスしてしまいます。

しかし不動産投資は不動産を買うためにローンを組むという自然な成り行きで借り入れを起こすことができるので少ない元手でも大きな金額の収益物件を購入することができるようになるのです。

なので不動産投資においてはローン付けの上手い下手が不動産投資の規模拡大と不動産投資からのキャッシュフローの多い少ないに絶大な影響を与えることになります。

不動産投資ローンの審査の仕組み、銀行担当者とのやり取り、返済比率の考え方、フルローンやオーバーローン、銀行評価の出る物件、銀行タイプ別の融資エリアと金利、銀行別の特徴、会社員のローン戦略、経営者のローン戦略など、ここでは不動産投資のローンアレンジメントに関連するコンテンツをまとめています。

不動産投資でのアパートローンの金利引き下げ交渉とアパートローンの借り換えで損をしないポイント

アパートローンの金利交渉と借り換えで損をしないポイント

不動産投資で数年前に借り入れたアパートローンの金利が現在の水準と比べてかなり高い場合に、金利の引き下げ交渉を効果的に行う方法はあるのでしょうか?

また、金利の引き下げが受け入れられない場合は他行での借り換えも検討したほうがよいのでしょうか?

金融機関との

  • 金利引き下げ交渉
  • 借り換えの検討

にはいくつかのポイントがあります。

この記事では、アパートローンの金利引き下げ交渉とアパートローンの借り換えで損をしないポイントをご紹介します。

続きを読む

不動産投資で地銀や信金から個人が融資を引くには不動産会社を通すのが近道

地銀や信金から地縁のない個人が融資を受けるには?

不動産投資で地銀や信金から地縁のない個人が融資を受けるのはなかなか難しいと言われています。

属性が良い人であれば少しでも良い条件で不動産投資の融資を受けるために、地縁のないエリアであっても地銀や信金を利用したいと考えるのではないでしょうか?

それにはひとつの答えがあり地縁のない地銀や信金から個人が融資を受けるためには、不動産会社の紹介を受けることが近道だということです。

この記事では、不動産投資で地銀や信金から個人が融資を引くには不動産会社を通すのが近道の理由についてご紹介します。

続きを読む