投資戦略理論|不動産投資での収益を最大化させるために必要な不動産投資戦略理論

会社員の不動産投資戦略

不動産投資は本業が忙しい会社員や会社経営者でも本当にできるのでしょうか?

実は資産を持たない会社員にとっては、数ある投資の中では不動産投資が最も適しているといえます。

そして本業の事業との補完効果や相乗効果を発揮して不動産投資の成果を上げやすいのがオーナー会社経営者でもあります。

やみくもに始めるのではなくそれぞれにベストな不動産投資戦略を持って不動産投資に取り組むことで、成功の可能性はさらに高まります。

会社員投資家には会社員投資家の、オーナー会社経営者にはオーナー会社経営者の不動産投資を成功に導く投資戦略理論があります。

投資戦略

会社員が不動産投資で受けられる融資の限度額

会社員が不動産投資で受けられる融資の限度額

会社員投資家が受けられる融資の限度額はいくらくらいなのでしょうか? 不動産投資の融資に限度額という概念はありませんが、一般的に個人だと2億円が最初のハードルとなります。 融資の限度額に規定はないのですが、2億円以上借り入 […]

投資戦略

会社員の新築アパート投資のメリットとデメリット

会社員の新築アパート投資のメリットとデメリット

中古収益物件の利回りが低下してくると、新築アパートを購入しようと考える人も増えるのではないでしょうか? 新築アパートは安定的に運用できるので取り組みやすい反面、デメリットもあります。 土地から仕入れて設計士と一緒に図面を […]

投資戦略

収益物件保有時の突発的な3つの出費対策

収益物件保有時の突発的な3つの出費対策

収益物件を保有していて、急に突発的な出費が何百万円も発生しないか心配ではないでしょうか? 不動産投資をしていると突発的な出費が発生する場面に必ず遭遇します。 しかし、安心して頂きたいのは、払えないほどの出費は急には発生し […]