投資戦略理論|不動産投資での収益を最大化させるために必要な不動産投資戦略理論

会社員の不動産投資戦略

不動産投資は本業が忙しい会社員や会社経営者でも本当にできるのでしょうか?

実は資産を持たない会社員にとっては、数ある投資の中では不動産投資が最も適しているといえます。

そして本業の事業との補完効果や相乗効果を発揮して不動産投資の成果を上げやすいのがオーナー会社経営者でもあります。

やみくもに始めるのではなくそれぞれにベストな不動産投資戦略を持って不動産投資に取り組むことで、成功の可能性はさらに高まります。

会社員投資家には会社員投資家の、オーナー会社経営者にはオーナー会社経営者の不動産投資を成功に導く投資戦略理論があります。

投資戦略

サラリーマンや公務員の不動産投資ではキャシュフローが出て売却しやすい収益物件を買う重要性

会社員がキャシュフローが出て売却可能な物件を探す重要性

サラリーマンや公務員の不動産投資ではどのような収益物件を狙うのが良いのでしょうか? 当然ながらそれぞれの不動産投資家にとって良い収益物件の定義は異なります。 しかし、資産を持たないサラリーマンや公務員が不動産投資に取り組 […]

投資戦略

損害保険と分散投資による火災や地震に対する不動産投資の2つのリスクヘッジ対策法

火災や地震に対する不動産投資の2つのリスクヘッジ

火災や地震に対する不動産投資のリスクヘッジはどのように考えればよいのでしょうか? 日本は地震大国であり、2011年に発生した東日本大震災以降も大規模な地震が発生する可能性を多くの専門家が指摘しています。 火災はもっといつ […]

投資戦略

サラリーマンや公務員が不動産投資を始めるのに頭金用のキャッシュはいくらくらい用意すればいいのか?

会社員が不動産投資を始めるのに頭金はいくら必要か?

サラリーマンや公務員が不動産投資を始めるのに頭金はいくらくらい用意すればいいのでしょうか? 数千万円規模の収益物件を購入するのであれば、自己資金は最低でも300万円程度は用意しておきたいところです。 もちろん自己資金は多 […]

投資戦略

社長や会社経営者に不動産投資での収益物件の運用をしている人が多いのには3つの理由がある

会社経営者に収益物件の運用が向いている3つの理由

会社経営者で本業以外に収益物件の運用を行っている人が多いのはなぜなのでしょうか? それは会社経営者に収益物件の運用での不動産投資は非常に向いている投資先といえるからです。 投資先としては、収益物件の他にも、株や投資信託、 […]

投資戦略

不動産投資で管理している収益物件の突発的な3つの出費はいくらくらい発生してどう対処していけばいいのか?

収益物件保有時の突発的な3つの出費対策

不動産投資で収益物件を管理していて急に突発的な出費が何百万円も発生しないか心配ではないでしょうか? 不動産投資をしていると突発的な出費が発生する場面に必ず遭遇します。 しかし安心して頂きたいのは払えないほどの出費は急には […]

投資戦略

不動産投資で成功する人と失敗する人のたった2つの違いは情報収集力と行動の継続力だけだという事実

会社員の不動産投資で成功する人と失敗する人の2つの違い

サラリーマンや公務員に限りませんが、不動産投資で成功する人と失敗する人にはどのような違いがあるのでしょうか? 不動産投資で成功している人は良い収益物件を購入できています。 そして次の2点を満たしていることが多いです。 十 […]

投資戦略

不動産投資に成功しやすいサラリーマンや公務員の不動産投資家に共通する3つの特徴

不動産投資に成功しやすい会社員に共通する3つの行動特徴

不動産投資に向いている性格はあるのでしょうか? 不動産投資に性格の向き不向きはないと思いますが成功している人に共通する特徴はあります。 生まれ持った性格の向き不向きはあまりないものの不動産投資で成功する人は思考面・行動面 […]

投資戦略

キャッシュフロー重視の不動産投資でサラリーマンや公務員が買ってはいけない4つの収益物件

会社員投資家がキャッシュフローを最重視しなければならない理由

不動産投資ではキャッシュフローを重視するべきだということがよく言われます。 これにはどのような理由があるのでしょうか? それは不動産投資でキャッシュフローを出すにはきちんとした戦略が必要になるからです。 つまりキャッシュ […]

投資戦略

地方の収益物件は都心の収益物件と比べて高利回りだが落とし穴も!地方の収益物件のメリットと賢い買い方

地方の収益物件は都心の収益物件と比べてどうなのか?

不動産投資において地方の収益物件は都心の収益物件と比べて人口減のリスクがあり一般的にはハイリスクと考えられています。 日本は2005年よりすでに人口減少に転じており2019年には世帯数も減少に転じる見込みとなっています。 […]