投資戦略理論|不動産投資での収益を最大化させるために必要な不動産投資戦略理論

会社員の不動産投資戦略

不動産投資は本業が忙しい会社員や会社経営者でも本当にできるのでしょうか?

実は資産を持たない会社員にとっては、数ある投資の中では不動産投資が最も適しているといえます。

そして本業の事業との補完効果や相乗効果を発揮して不動産投資の成果を上げやすいのがオーナー会社経営者でもあります。

やみくもに始めるのではなくそれぞれにベストな不動産投資戦略を持って不動産投資に取り組むことで、成功の可能性はさらに高まります。

会社員投資家には会社員投資家の、オーナー会社経営者にはオーナー会社経営者の不動産投資を成功に導く投資戦略理論があります。

投資戦略

不動産投資で儲けるためには収益物件の運用を取得→管理運営→売却の一連の事業としてトータルで考える重要性

収益物件の運用は取得・管理運営・売却の一連の事業

不動産投資で儲けるためには利回りの高い収益物件が買えればそれですべてうまくいくのでしょうか? 不動産投資において収益物件の運用は取得から売却までのトータルでの利益を最大化することが前提になりますので、 物件を取得 管理運 […]

投資戦略

不動産投資で収益物件の投資回収を早くするための2つの重要なポイントは仕入れと税金のコントロールにある

収益物件の投資回収を早くするための2つの重要なポイント

不動産投資で収益物件の投資回収を早くするためにはどうすればいいのでしょうか? 不動産投資で投資した資金の投資回収を早めるためには、 実質利回りを上げる 税金のコントロール の2つのポイントがあります。 不動産投資の投資回 […]

投資戦略

不動産投資で築古の木造アパートは儲かるのか?築古の木造アパート不動産投資のメリットと注意すべき点

築古木造アパート投資のメリットと注意点

築古の木造アパートへの投資は本当に収益性が高いのでしょうか? 築古木造アパートへの不動産投資は、うまく満室にできればという条件付きで、高い収益が望めるといえます。 築20年以上といった築古の木造アパートを利回り15%以上 […]

投資戦略

サラリーマンや公務員の不動産投資で絶対に考慮すべき不動産投資の収入減と出費増の3つのリスク

会社員が考えるべき3つの不動産投資リスク

不動産投資でリスクといわれるものはどのようなものがあるでしょうか? 家賃を下げないと入居者が決まらない 家事や地震による建物の損害 入居者の家賃滞納 など、様々なリスクが考えられますが、シンプルに考えると不動産投資のリス […]

投資戦略

不動産投資での収益物件の運用の3つの目的①副収入②節税③生命保険とそれに応じた名義設定のポイント

運用の目的に応じて収益物件の取得主体を選択するポイント

収益物件を取得する際の取得主体すなわち名義を何にするかの判断で迷われたことはないでしょうか? 取得主体である名義は、収益物件を購入したあとでは簡単に変えることはできません。 個人で取得する 法人で取得する 家族名義で取得 […]

投資戦略

不動産投資の投資額の回収を収益物件の売却時点で行えないと節税した意味がなくなる理由

収益物件の売却時点で投資額を回収しておくという考え方

不動産投資で収益物件の取得から管理運用、そして最終出口の売却までの一連の流れで連動して全体での利益の最大化を考えているでしょうか? 不動産投資における収益物件の運用において、トータルでの利益を最大化させることが大前提とな […]

投資戦略

不動産投資でいざというときに売れる収益物件を見極めるための重要ポイントは流動性

収益不動産の立地と利回り・土地代・流動性との関係

不動産投資においていざというときに売れる収益物件とはどのような物件なのでしょうか? 一言でいうと流動性の高い物件のことです。 ここでいう流動性とは投資商品の売買のしやすさを表す言葉です。 公の市場で売買される株などの金融 […]