不動産投資の相続対策|相続対策をおろそかにするとせっかく築いた資産が相続税に根こそぎ持って行かれる

相続発生前に余命宣告を受けてから収益物件を買って貸家建付地の評価減による相続税対策ができるのか?

余命宣告を受けてから収益物件を買っても相続対策はできるのか?

相続対策をしなくてはいけないと思いながら先延ばしにしているうちに病気などで入院して余命宣告を受けてしまったような場合があります。

そのような場合に余命宣告を受けたその時点から相続税対策の収益物件を買って現金などの資産の評価減を行っても相続税対策として間に合うのでしょうか?

実はご存命のうちであれば余命宣告を受けていようが個人で本人の意思で収益物件を取得すれば相続税対策になるといえます。

たとえ余命宣告を受けていたとしても判断能力に問題がなければ不動産の購入は本人名義でできるからです。

この記事では、相続発生前に余命宣告を受けてから収益物件を買って貸家建付地の評価減による相続税対策ができるのか?についてご説明します。

続きを読む

相続税対策で収益物件を買う場合の相続税対策になる収益物件と相続税対策にならない収益物件の見分け方

相続税対策になる収益物件とならない収益物件の見分け方

収益物件を買っておくと相続税対策になると漠然と知ってはいますが、実際に相続税対策に有効な収益物件とはどのような物件なのでしょうか?

相続税対策になる収益部動産と相続税対策にならない収益物件の見分け方を知らないと、せっかく相続税対策のためにと考えて収益物件を購入しても、本来の目的である相続税対策にならなければ意味がありません。

結論から言うと相続税対策には評価額と市場価格のギャップの大きい収益物件が向いています。

この記事では、相続税対策で収益物件を買う場合の相続税対策になる収益物件と相続税対策にならない収益物件の見分け方をご紹介します。

続きを読む

遺産相続で正と負の相続財産を把握しておくことの重要性

プラスとマイナスの相続財産を把握しておくことの重要性

相続が発生した場合、相続人で遺産を分けるためには何が大切でしょうか?

まず何よりも、被相続人の財産がどこにどれだけあるのかを全て把握することが第一です。

そして遺産相続において正と負の相続財産両方を把握しておくことは、遺産分割だけでなく相続税の支払いのためにもできるだけ早い段階で把握しておく方が有利です。

この記事では、遺産相続で正と負の相続財産を把握しておくことの重要性をご紹介します。

続きを読む

税理士も知らないことがある?相続税の配偶者控除以外の5つの控除も知っておく

税理士も知らない?相続税の配偶者控除以外の控除も知っておく

配偶者控除以外にも相続税には様々な控除があることをご存知でしょうか?

注意すべきは配偶者控除を含めて税金の控除は自己申告制なので、知らなければ使えても使わずに終わってしまうということです。

税務署や国税当局が『この控除使えるけど使ってませんよ』とは教えてくれません。

相続税の申告の際に使わなければそれでおしまいです。

いざ相続が発生すると誰が相続人で家系図がどうなっているのかなどで頭がいっぱいになってしまいます。

その結果、相続税の各種控除などに頭を働かせることは難しくなります。

税理士が相続に詳しければ気づいてくれるかもしれませんが、意外に抜け漏れは多いというのが実態です。

相続対策においては様々な控除についても知っておいたほうがいざという時にもスムーズにいきます。

続きを読む

相続税の配偶者控除は1億6000万円か法定相続分まで目一杯使えることを知っておくと安心

配偶者控除は1億6000万円か法定相続分まで目一杯使える

相続税が改正されて増税になったのは事実です。

しかし相続税の配偶者控除が大きいという事実を知っておけば、それほど慌てなくてもよい場合もあります。

あくまでとりあえずはということにはなります。

配偶者控除を使う場合は、2次相続(配偶者が亡くなった時の相続)のことも検討しなくてはいけませんが、まずは配偶者控除という大きな控除があるということを知っておくだけで、必要以上に慌てなくて済むことが多いです。

この記事では、相続税の配偶者控除についてご紹介します。

続きを読む

必ず知っておきたい相続3項目①法定相続人②法定相続分③相続スケジュール

必ず知っておきたい法定相続人・法定相続分・相続スケジュール

相続が始まったら、

  1. 実際に誰が法定相続人となるのか?
  2. 法定相続人の取り分はどのように決めるのか?
  3. いつまでに相続税の申告をするのか?

を次々と考えていかなければいけません。

もちろん、生前にのうちからそれらを考えて準備しておくことに越したことはありません。

この記事では、押さえたおきたい法定相続人・法定相続分・相続スケジュールについてご紹介します。

続きを読む

遺産相続の欠格・排除とは?自分に有利に相続しようとして悪さをすると相続人の地位を失う

悪さをすると相続人の地位を失い相続できなくなる欠格・廃除

相続人となって遺産をもらえる立場でありながら、その資格を失ってしまい、財産をもらえなくなることがあるのをご存知でしょうか?

  • 悪さをして法律上当然に相続人の資格を失う・・・欠格
  • 法律上当然ではないが被相続人の意思で相続人としての地位をはく奪・・・廃除

の二つがあります。

この記事では、悪さをすると相続人の地位を失い相続できなくなる欠格・廃除をご紹介します。

続きを読む

遺産分割での不動産の評価方法と現金を準備しておく重要性

現金が不動産相続を公平にするのに絶大な威力を発揮する現実

複数の不動産を複数の相続人に公平に相続することは非常に難しいことです。

なぜなら、不動産はそれぞれが世界に一つのものであり、同じものは2つと無くそれぞれの評価はバラバラだからです。

遺産分割ではできるだけ均等に分けようと思っていても、時が経って相続が発生した時には情勢が変わっている可能性もあります。

この記事では、遺産分割での不動産の評価方法と現金を準備しておく重要性をご紹介します。

続きを読む

相続税改正で不動産投資家はほぼ全員が相続税納税者になるという事実

相続税の改正によって不動産投資家のほとんどに相続税がかかる

平成27年度の相続税の改正によって不動産投資家のほとんどに相続税がかかりやすくなっていることは分かっているのに、具体的な対策となるとまだまだという人が多いのではないでしょうか?

しかし不動産投資家にとっての相続対策はまったなしとなっているのが実情です。

相続税の改正により相続税の負担が上昇しているため、不動産投資家などの資産を持っている人に対しては相続対策の準備が必要になってります。

この記事では、相続税の改正によって不動産投資家のほとんどに相続税がかかるという事実をご紹介します。

続きを読む