相続|相続対策をおろそかにするとせっかく築いた資産が相続税に根こそぎ持って行かれる


相続カテゴリーメニュー

不動産投資における相続対策は、節税対策に並ぶ重要な対策です。

なぜなら、一生懸命節税しながら資産を築いたとしても、相続対策を失敗することで、相続税に資産を大きく持っていかれてしまうからです。

相続対策における3本柱とは、

①遺産分割対策
②相続税節税対策
③相続税納税対策

の3つに大別されます。

◎遺産分割協議のポイント
◎相続税の節税対策のポイント
◎相続税の納税対策のポイント
◎いずれも事前の準備が大切になってくる理由

など、ここでは相続対策に関するコンテンツをまとめています。


相続税の減免を受けるための小規模宅地等の特例における判定基準で相続人がもめやすい2つのポイント

小規模宅地等の特例における判定基準でもめやすい2つのポイント

相続税の減免を受けるための小規模宅地等の特例ではその判定基準をめぐってもめやすいポイントが2つあります。

  1. 生計を一にしているかどうかの判断基準
  2. 被相続人が老人ホームに入所しているケース

の2点です。

小規模宅地等の特例が受けられるか受けられないかで相続税の税額が80%違ってきます。

小規模宅地等の特例の判断基準を誤って理解していたばっかりに、当然受けられると思っていた小規模宅地等の特例による80%の相続税額の減額が受けられないとなると一大事です。

思っていたよりも相当高額な相続税の金額になってしまい、最悪すぐには納められないという事態にもなりかねません。

この記事では、相続税の減免を受けるための小規模宅地等の特例における判定基準で相続人がもめやすい2つのポイントについてご紹介します。 続きを読む

認知症になってからでは手遅れ!不動産投資で『家族信託』を使いこなす5つのポイントと成年後見制度との違い

認知症になってからでは手遅れ!不動産投資で『家族信託』を使いこなす5つのポイントと成年後見制度との違い

不動産投資を個人で行っていて自分自身が万が一認知症痴呆症などになったときのことを想像したことがあるでしょうか?

法人ではなく個人で不動産投資を行っている人がある日突然に認知症や痴呆症にかかってしまった場合には、その後の収益物件の管理や運営は悲惨なことになってしまいます。

また例えば自分の所有している収益物件を売りに出していて数ヶ月間の募集の末ようやく不動産屋さんが買主を見つけてきたとします。

そして売買契約を結びましたが、売買契約から引き渡しまでの1ヶ月ほどの間に売主が認知症にかかってしまった場合は、その収益物件は決済して引き渡すことができなくなってしまうのです。

このような不動産の売買契約以外にも

  • 入居者との賃貸契約
  • 収益物件のリフォームの発注

などもできなくなる可能性があります。

これは決して他人事ではなく近い将来に自分自身にも十分起こり得る可能性がある重要な問題だと捉える必要があります。

不動産投資を事業として考えた場合に大きなリスクと考え自身で判断ができるうちに十分なリスク対策を講じておくことが必要なのです。

この記事では、不動産投資で『家族信託』を使いこなす5つのポイントと成年後見制度との違いについてご紹介します。

続きを読む

小規模宅地特例の改正後に知らないと損する用心すべき相続税の実質的増税の3つのポイント

用心すべき小規模宅地特例の改正後の実質的増税ポイント

最大80%もの評価減を受けられる『小規模宅地等の特例』によって、持ち家の人は大きな恩恵を受けてきました。

しかし、2010年に小規模宅地等の特例が改正されたことで、実質的に増税となっていることはご存知でしょうか?

具体的には、相続税が減額となるために満たすべき要件がぐっと厳しくなったといえます。

この制度改正の考え方を一言で言うと、

『きちんと住んでいるなら小規模宅地等の特例を認めますが、そうでないケースからは相続税を取りますよ』

ということになります。

小規模宅地等の特例が受けられると思っていたのに実際には受けられず相続税がかかってしまったというケースが増えています。

この記事では、小規模宅地特例の改正後に知らないと損する用心すべき相続税の実質的増税の3つのポイントをご紹介します。

続きを読む

相続税改正が3分でわかる基礎控除縮小と最高税率の引き上げによる相続税大幅増税ポイント

基礎控除縮小と最高税率の引き上げでの相続税対象者増と富裕層を狙い撃ち

相続税の改正によりいったい何が起こっているのでしょうか?

大きく分けて

  1. 基礎控除の縮小で相続税の課税対象者が増えた
  2. 最高税率の引き上げで富裕層や資産家が狙い撃ちされている

という2つのことが起こっています。

相続税の増税は国民全体から税金を徴収する消費税とは違って、資産を持っている人から取るだけに長年ターゲットにされてきたという背景があります。

この記事では、基礎控除縮小と最高税率の引き上げによる相続税増税についてご紹介します。

続きを読む

相続問題で痛い目に遭わないために不動産や介護、債務に離婚など相続でもめやすい7つの事例をご紹介

争続勃発!介護や不動産など相続でもめやすい7つの事例

うちは兄弟間で仲が良いほうなので相続問題は関係ないと思ってはいないでしょうか?

兄弟間で仲が良くてもいざ始まるともめにもめるのが相続問題の特徴です。

特に

  • 介護をした人がいる
  • 遺産が不動産のみ

などの場合は非常にもめやすいといえます。

そしてひとたびもめると『争族』と呼ばれるように身内間で骨肉の争いに発展して泥沼化してしまうのが特徴でもあります。

この記事では、相続問題で痛い目に遭わないために不動産や介護など相続でもめやすい7つの事例をご紹介します。

続きを読む

親が収益物件の借金を残して亡くなったらどうする?遺産分割で揉めやすいマイナスの相続財産の対策法とは?

借金や負債などマイナスの相続財産で揉めない相続方法

遺産相続は何かと揉めやすいのですが、その中でもダントツで揉めやすいのは何でしょうか?

それは、借金や負債といったマイナスの相続財産を引き継ぐのは誰になるのかということです。

相続財産でもそういったマイナスの相続財産は当然のことながら誰もが相続したくないからです。

なので、プラスの相続財産とのバランスをとって、不公平感、損得感が出ないように、特にマイナスの相続財産を相続する相続人への遺産分割の配分は配慮が必要となります。

この記事では、遺産分割で揉めやすい借金や負債などマイナスの相続財産の相続対策をご紹介します。

続きを読む

法人が不動産投資によって自社株式の評価を下げて相続税を節税する事業承継対策とは?

法人が株式の評価を下げて相続税を節税する事業承継対策法

不動産投資において収益物件の取得を法人で行うことで法人の事業承継時の税金対策にもなるということをご存知でしょうか?

法人で収益物件を取得することで法人の財産の評価減を行うことができます。

法人の財産の評価減とはすなわちその法人の自社株式の評価を下げるということです。

そして株式の評価を下げることが事業承継時の税金対策へとつながるのです。

この記事では、法人が不動産投資によって自社株式の評価を下げて相続税を節税する事業承継対策をご紹介します。

続きを読む

不動産投資で個人が収益物件を購入して現金のままより4~5割も相続税を減税できる節税手法

現金で所有するより4~5割も相続税が減額できる節税手法

不動産投資で収益物件を購入することで減価償却での利益の圧縮による節税以外にも大きな節税効果が得られる方法があることをご存知でしょうか?

個人として不動産投資を活用すれば、所有する資産の評価を下げるツールとして収益物件を購入することで相続税の圧縮が可能となります。

平成27年1月以降、相続税が増税されました。

基礎控除額が4割も減額され課税対象者が増えることになりました。

そして最高税率は50%から55%に引き上げられました。

相続税に関してかなりインパクトのある実質増税となる相続税法改正となりました。

資産を築いてきた不動産投資家としては、非常に頭が痛い問題ですが、この問題も収益物件を運用することである程度クリアすることができます。

この記事では、不動産投資で個人が収益物件を購入して現金のままより4~5割も相続税を減税できる節税手法についてご説明します。

続きを読む

タワーマンション高層階購入での相続税対策を国税当局がマークしている中でも相続税対策に活かす方法がある?

タワーマンションの安易な相続税対策を国税当局が睨んでいる理由

相続税を減らすための相続税対策の方法はたくさんあるのですが、難易度やリスク、効果が高いもの低いものがいろいろあります。

中には効果が微妙なものや、法整備が変わってきているものもあるので、実際に実行するにあたっては専門家の指示を仰ぐほうが確実です。

今よく話題に取り上げられているタワーマンションを購入しての相続税対策も例外ではありません。

タワーマンション購入による相続税対策は相続税法改正によりもうできないと言う人がいますが一概には言えません。

しかしタワーマンションによる相続税対策のやり方を間違えると国税当局から否認されて追徴課税されてしまうのも事実です。

タワーマンションを用いた相続税対策も例外なくきちんとしたステップを踏んで行うことが必要です。

昔からある安易な形で差額を抜くという相続税の節税方法では今では国税当局に通用しないと肝に銘じておかなければいけません。

この記事では、タワーマンションでの相続税対策を国税当局がマークしている中でタワーマンションを相続税対策に活かす方法をご紹介します。

続きを読む

相続発生前に余命宣告を受けてから収益物件を買って貸家建付地の評価減による相続税対策ができるのか?

余命宣告を受けてから収益物件を買っても相続対策はできるのか?

相続対策をしなくてはいけないと思いながら先延ばしにしているうちに病気などで入院して余命宣告を受けてしまったような場合があります。

そのような場合に余命宣告を受けたその時点から相続税対策の収益物件を買って現金などの資産の評価減を行っても相続税対策として間に合うのでしょうか?

実はご存命のうちであれば余命宣告を受けていようが個人で本人の意思で収益物件を取得すれば相続税対策になるといえます。

たとえ余命宣告を受けていたとしても判断能力に問題がなければ不動産の購入は本人名義でできるからです。

この記事では、相続発生前に余命宣告を受けてから収益物件を買って貸家建付地の評価減による相続税対策ができるのか?についてご説明します。

続きを読む