相続|相続対策をおろそかにするとせっかく築いた資産が相続税に根こそぎ持って行かれる


相続カテゴリーメニュー

不動産投資における相続対策は、節税対策に並ぶ重要な対策です。

なぜなら、一生懸命節税しながら資産を築いたとしても、相続対策を失敗することで、相続税に資産を大きく持っていかれてしまうからです。

相続対策における3本柱とは、

①遺産分割対策
②相続税節税対策
③相続税納税対策

の3つに大別されます。

◎遺産分割協議のポイント
◎相続税の節税対策のポイント
◎相続税の納税対策のポイント
◎いずれも事前の準備が大切になってくる理由

など、ここでは相続対策に関するコンテンツをまとめています。


生命保険やがん保険まで及ぶ次々に消える相続税節税手段をセルフチェック

生命保険やがん保険まで!次々に消える相続税節税手段をチェック

生命保険の死亡保険金や法人契約のがん保険の非課税枠が縮小されていることはご存知でしょうか?

多くの人が加入しているであろう生命保険。

死亡保険金は被相続人が亡くなってから支払われるため、『みなし相続財産』とよばれています。

改正前は法定相続人1人あたり500万円までは非課税とされていましたが、条件が厳しく縮小されました。

また法人にとってのポピュラーな節税対策だった法人契約がん保険の保険料の全額損金扱いが半額しか損金計上できなくなりました。

この記事では、生命保険やがん保険まで及ぶ次々に消える相続税節税手段について取り上げます。

続きを読む

小規模宅地等の特例における判定基準でもめやすい2つのポイント

小規模宅地等の特例における判定基準でもめやすい2つのポイント

小規模宅地等の特例ではその判定基準をめぐってもめやすいポイントが2つあります。

  1. 生計を一にしているかどうかの判断基準
  2. 被相続人が老人ホームに入所しているケース

の2点です。

小規模宅地等の特例が受けられるか受けられないかで、税額が80%違ってきます。

判断基準を誤って理解していたばっかりに受けられると思っていた小規模宅地等の特例による80%の減額が受けられないと、思わぬ相続税の額になってしまい、最悪すぐには払えないという事態にもなりかねません。

この記事では、小規模宅地等の特例における判定基準でもめやすい2つのポイントについてご紹介します。

続きを読む

小規模宅地特例の改正後の用心すべき実質的増税3つのポイント

用心すべき小規模宅地特例の改正後の実質的増税ポイント

最大80%もの評価減を受けられる『小規模宅地等の特例』によって、持ち家の人は大きな恩恵を受けてきました。

しかし、2010年に小規模宅地等の特例が改正されたことで、実質的に増税となっていることはご存知でしょうか?

具体的には、相続税が減額となるために満たすべき要件がぐっと厳しくなったといえます。

この制度改正の考え方を一言で言うと、

『きちんと住んでいるなら小規模宅地等の特例を認めますが、そうでないケースからは相続税を取りますよ』

ということになります。

小規模宅地等の特例が受けられると思っていたのに実際には受けられず相続税がかかってしまったというケースが増えています。

この記事では、小規模宅地特例の改正後の用心すべき実質的増税3つのポイントをご紹介します。

続きを読む

3分でわかる基礎控除縮小と最高税率の引き上げでの相続税増税ポイント

基礎控除縮小と最高税率の引き上げでの相続税対象者増と富裕層を狙い撃ち

相続税の改正によりいったい何が起こっているのでしょうか?

大きく分けて

  1. 基礎控除の縮小で相続税の課税対象者が増えた
  2. 最高税率の引き上げで富裕層や資産家が狙い撃ちされている

という2つのことが起こっています。

相続税の増税は国民全体から税金を徴収する消費税とは違って、資産を持っている人から取るだけに長年ターゲットにされてきたという背景があります。

この記事では、基礎控除縮小と最高税率の引き上げによる相続税増税についてご紹介します。

続きを読む

争族勃発!介護や不動産など相続でもめやすい7つの事例

争続勃発!介護や不動産など相続でもめやすい7つの事例

うちには遺産といえるものはなにもないので相続は関係ないと思ってはいないでしょうか?

たとえ遺産がなくてももめるのが相続の特徴です。

特に

  • 介護をした人がいる
  • 遺産が不動産

などの場合は非常にもめやすいといえます。

そしてひとたびもめると『争族』と呼ばれるように身内間で骨肉の争いに発展して泥沼化してしまうのが特徴でもあります。

この記事では、相続でもめやすい7つの事例をもとに、『争族』の原因を探っていきます。

続きを読む

遺産分割で揉めやすい借金や負債などマイナスの相続財産の相続対策

借金や負債などマイナスの相続財産で揉めない相続方法

遺産相続は何かと揉めやすいのですが、その中でもダントツで揉めやすいのは何でしょうか?

それは、借金や負債といったマイナスの相続財産を引き継ぐのは誰になるのかということです。

相続財産でもそういったマイナスの相続財産は、当然のことながら誰もが相続したくないからです。

なので、プラスの相続財産とのバランスをとって、不公平感、損得感が出ないように、特にマイナスの相続財産を相続する相続人への遺産分割の配分は配慮が必要となります。

この記事では、遺産分割で揉めやすい借金や負債などマイナスの相続財産の対処法をご紹介します。

続きを読む

法人が株式の評価を下げて相続税を節税する事業承継対策法

法人が株式の評価を下げて相続税を節税する事業承継対策法

収益物件の取得を法人で行うことで、法人の事業承継時の税金対策にもなるということをご存知でしょうか?

法人で収益物件を取得することで、法人の財産の評価減を行うことができます。

法人の財産の評価減とはすなわち株式の評価を下げるということです。

そして株式の評価を下げることが事業承継時の税金対策へとつながるのです。

この記事では、法人が株式の評価を下げて相続税を節税する事業承継対策法をご紹介します。

続きを読む

個人が現金で所有するより4~5割も相続税が減額できる節税手法

現金で所有するより4~5割も相続税が減額できる節税手法

収益物件の運用で減価償却での利益の圧縮による節税以外に大きな節税効果が得られる方法があることをご存知でしょうか?

個人として活用すれば、所有する資産の評価を下げるツールとして収益物件を活用することで、相続税の圧縮が可能となります。

平成27年1月以降、相続税が増税されました。

基礎控除額が4割も減額され、課税対象者が増えることになりましたし、最高税率は50%から55%に引き上げられました。

資産を築いてきた収益不動産オーナーとしては、非常に頭が痛い問題ですが、この問題も収益物件を運用することである程度クリアすることができます。

続きを読む

相続税対策でタワーマンションと収益物件ではどちらが有利か?

相続税対策でタワーマンションと収益物件ではどちらが有利か?

相続税対策にタワーマンションを購入すると節税できるとよく聞きますが、他の収益物件と比較した場合、相続税の節税効果はどちらが高いのでしょうか?

個人で相続の直前であればタワーマンションが相続税の節税対策には有効です。

また、法人での取得や個人でも相続まで時間がある場合は収益物件が有効になります。

この記事では、相続税対策でタワーマンションと収益物件ではどちらが有利か?についてご説明します。

続きを読む

余命宣告を受けてから収益物件を買っても相続税対策になるのか?

余命宣告を受けてから収益物件を買っても相続対策はできるのか?

相続対策をしなくてはいけないと思いながら先延ばしにしているうちに、入院して余命宣告を受けてしまったような場合に、その時点から相続対策の収益物件を買っても間に合うのでしょうか?

実は、ご存命のうちであれば、余命宣告を受けていようが個人で本人の意思で収益物件を取得すれば相続税対策になります。

この記事では、余命宣告を受けてから収益物件を買っても相続対策はできるのか?についてご説明します。

続きを読む