物件購入|収益物件の購入の成否で一棟収益不動産投資の成功失敗は8割決まる

アクイジションカテゴリーメニュー

一棟収益物件の購入(アクイジション)がうまくいけば、不動産投資の半分くらいは成功したのと同じとよく言われます。

それだけ不動産投資において、一棟収益購入(アクイジション)がうまくいくかどうかが、投資全体の成否にかかわるウェイトが大きいということです。

不動産投資の原点は良い物件を仕入れることにあります。良い物件を仕入れることができれば、その他多くのリスクを吸収することもできるからです。

一棟収益購入(アクイジション)において、多かれ少なかれ見込み違いは起こるるものですし、突発的なアクシデントや不測の事態も運営上は起こり得ますが、一棟収益購入・アクイジションが原因での致命的な失敗は、今後の投資拡大のためにもできるだけ避けたいところです。

◎一棟収益マンション・アパートか区分収益マンションか
◎RC造一棟マンションか木造一棟アパートか
◎固定資産税評価額や担保評価額の予測
◎銀行評価の出る物件かの判別法
◎レントロール・物件概要書の見方
◎現地調査・賃貸会社へのヒアリング
◎キャッシュフローを重視して投資規模を拡大する投資戦略

などの、一棟収益購入時に役立つコンテンツをまとめています。

また、良い物件ほど足が速いので、一棟収益購入(アクイジション)はスピード重視ともいえます。

限られた時間で競合よりも早く結論を出さないと、物件購入(アクイジション)には負けてしまうでしょう。

そのためにも、物件購入の判断スピードを高め、判断基準が明確にして、判断に使う数値をはじき出す方法も確立させておくことで、一棟収益購入(アクイジション)においての、ここ一番での判断スピードを高めることにつながり、チャンスを逃さないことにもつながります。

収益物件購入

不動産投資で高利回りの収益物件が借地権物件だった場合の購入判断基準と注意点

高利回りの収益物件が借地権物件だった場合の購入判断基準

不動産投資で高利回りの収益物件を探していると、借地権の収益物件も多くあることに気付きます。 借地権とはどのような権利で、借地権の収益物件は投資対象として考えても良いのでしょうか? 結論は高利回りが狙えて融資がつくのであれ […]

収益物件購入

不動産売買契約での債務不履行と損害賠償予定額がよくわかる3つのポイント

大トラブル!収益物件の売買における債務不履行と損害賠償予定額

不動産売買契約において、締結した不動産売買契約が解除となるケースはどのようなものがあるでしょうか? 手付解除による白紙解除 ローン特約による白紙解除 などがありますが、これ以外にも何らかの理由で不動産売買契約の内容が守れ […]

収益物件購入

不動産売買で重要事項説明義務違反でも損害賠償が取れるとは限らない事例と売買契約書確認4項目

説明義務違反があっても損害賠償が取れるとは限らない事例

不動産投資用の収益物件は物件価格が1億円を超えることもざらにあり、非常に高額な取引となります。 だからこそ、収益物件の購入にあたっては細心の注意をもって契約しなければなりません。 しかし、万が一購入した収益物件が、建ぺい […]

収益物件購入

不動産投資での瑕疵担保責任とは?売主瑕疵担保免責の中古収益物件で建物チェックを念入りにしたい理由

瑕疵担保責任と瑕疵担保免責を即理解できる3つのポイント

収益物件の物件概要書で、 『売主瑕疵担保免責』 というくだりを見かけることが多いのではないでしょうか? 不動産投資用の収益物件や事業用不動産の売買ではよくあることなのですが、 建物に不具合があっても知りませんよ 建物が大 […]

収益物件購入

不動産投資で私道負担がある収益物件の購入ポイントと私道に関するトラブル例

私道負担有り!私道が絡む収益物件のポイントとトラブル防止策

収益物件の物件概要書に、 『私道負担有り』 という表示がされている場合はどう考えればよいのでしょうか? 私道っぽく見えても公道の場合もあれば、公道っぽく見えても私道の場合もあるのでぱっと見での見分けは困難です。 道路幅員 […]

収益物件購入

不動産投資家で良い収益物件情報を仕入れている人は普段どんなことをしているのか?

良い物件を見つけるために今すぐ変えられる3つの意識

自分のところに入ってくる収益物件の情報をいくら見ても、 購入を検討しようと思える物件が無い いくら情報が来ても良い物件を仕入れられない など、どうしたら良い収益物件情報を仕入れられるのでしょうか? またせっかく良い収益物 […]

収益物件購入

不動産の登記簿謄本を基礎から理解するポイントと登記簿謄本の実戦的な見方まとめ

登記簿謄本を理解する速習4つのポイント

不動産の登記簿謄本には普段見慣れない用語が多く記載されていて、初めて見るとどこを見てよいのか分からない感じる方が多いようです。 不動産投資にかかわらず、一般の人は登記簿謄本を普段から見慣れていませんので当然のことだと思わ […]

収益物件購入

不動産投資で大阪方式(関西方式)の『敷金持ち回り』方式で収益物件の売買を行う際の注意点

大阪方式(関西方式)の『敷金持ち回り』で収益物件の売買を行う際の注意点

不動産投資において収益物件の売買では一般的に賃貸人と賃借人の契約は引き渡し時に売主から買主に引き継がれます。 家賃の引継ぎに目が行きがちですが、敷金や保証金などの預り金の引継ぎの取り扱いについてもしっかりと把握しておくこ […]