収益物件の仕入れ|不動産投資の成功失敗は収益物件の仕入れで8割以上決まる

地主は最強?不動産投資へのスタンスがサラリーマン投資家とは全然違う地主とはどのような人たちなのか?

地主の新築アパート建築と会社員の不動産投資は全くの別物

地主とはその名の通り土地を所有していてその土地を駐車場などで貸していたり土地の上にアパートなどの建物を建てて賃貸している人のことをいいます。

不動産投資においてサラリーマンや公務員などの一般不動産投資家よりも土地を持っている地主のほうが不動産投資では有利だと思われるのではないでしょうか?

地主は土地を持っているので、その土地の上に建物を建てるだけで不動産投資が始められます。

なので地主はサラリーマンや公務員などの一般の不動産投資家よりは土地代がかからずに不動産投資を始められるという点でスタート地点でかなり優位に立っているといえるでしょう。

しかし不動産投資はサラリーマンや公務員などの一般の不動産投資家であってものそれぞれの立場に応じた投資戦略を持って土地を持っている地主とは違ったアプローチをすることで、土地や資産を持たない普通の一般不動産投資家でも十分に戦えます。

この記事では、不動産投資へのスタンスがサラリーマン投資家とは全く違う地主とはどのような人たちなのかについてご紹介します。

続きを読む

不動産投資が副業として株やFXなどへの投資よりもサラリーマンや公務員に最適な2つの理由

不動産投資が会社員に向いているたった2つの理由

不動産投資は本当に一般のサラリーマンや公務員でもできるのでしょうか?

実は不動産投資は本業が何かと忙しいサラリーマンや公務員の投資としては株やFXなどの投資よりもむしろ向いているといえます。

本当に本業の会社勤めをしながら不動産投資などができるのか?と疑問に思われるかもしれません。

しかしむしろ本業が忙しすぎて株やFXなどの投資を断念したというぐらいのサラリーマンや公務員の人の方が実は不動産投資でうまく投資運用できているケースが多いのです。

この記事では、不動産投資が副業として株やFXなどへの投資よりもサラリーマンや公務員に最適な2つの理由をご紹介します。

続きを読む

不動産投資でサラリーマンが勝つために絶対に外せない収益物件の仕入れ方

資産を持っている資産家と会社員の不動産投資法戦略の違い

サラリーマン不動産投資家と資産家との不動産投資の仕入れの違いはどこにあるのでしょうか?

資産家の保有している収益物件は

  • 銀行からの借り入れがない
  • 残債の割合がサラリーマン投資家よりも少ない

ことが特徴です。

そして家賃収入の大部分をそのまま収入とすることができるのが資産家の不動産投資なのです。

資産家は資産保全と安定性を重視する投資戦略で、利回りは多少低くても安定的な賃貸需要が見込めて土地の値段も下がりにくいような立地の良い収益物件を好んで所有しているケースが多いのが特徴的です。

サラリーマン不動産投資家が資産家と同じように収益物件を仕入れようとしても元手がないため不可能です。

この記事では、不動産投資でサラリーマンが勝つために絶対に外せない収益物件の仕入れ方をご紹介します。

続きを読む

不動産投資で儲かる掘り出し物件を仕入れるための任意売却物件購入術

不動産投資で高利回りの収益物件を買いたいなら任意売却物件を狙ってみるというのはどうなのか?

不動産投資で高利回りの収益物件を買うために任意売却物件の掘り出し物を狙ってみるというのはどうなのでしょうか?

任意売却物件とはなんらかの理由で所有者が返済不能となり、担保不動産を市場価格で売却したほうが競売になってしまうよりは高く売れるということがが見込める場合に、所有者の意思で債権者との調整の上で売りに出されている不動産物件のことを言います。

任意売却物件には任意売却物件ならではの事情というかしがらみが多くあり、任意売却物件だから必ずしもお得だというわけではないので注意が必要です。

しかし、普通に売りに出されていたりインターネットのポータルサイトに掲載されている不動産物件よりは物件価格が安く抑えられていることが多く、その分だけ利回りを高く購入することができる可能性があるというのが任意売却物件の最大の魅力だといえます。

そして掘り出し物の任意売却物件を買うためには任意売却物件を取り扱っている不動産会社の担当者とつながりを持つことが不可欠です。

この記事では、不動産投資の仕入れで掘り出し物の高利回り任意売却物件の狙い方について考えてみます。

続きを読む

不動産投資の仕入れで破産管財の任意売却物件を購入する最大のメリット

不動産投資の仕入れで破産管財物件の任意売却物件を安く購入するメリットと注意点はどのような点なのでしょうか?

不動産投資で破産管財物件の任意売却物件を仕入れるメリットは一般の市場価格よりも安く仕入れられることに尽きます。

そして破産管財物件の任意売却物件を仕入れる際の注意点は最後まで必ず買えるかどうかは分からないというところです。

ただし裁判所が指定した破産管財人弁護士が介在している部分以外は普通の任意売却物件を仕入れる際の注意点とたいして変わりはありません。

この記事では、不動産投資で破産管財物件の任意売却物件を安く仕入れるメリットとその注意点についてご紹介します。

続きを読む

不動産投資で失敗しないための信頼できるパートナーを見つける重要性

不動産投資で信頼できるパートナーからのアドバイスを受けているでしょうか?

不動産投資に限ったことではありませんが、自分がその道のプロフェッショナルではない場合は、信頼できるパートナーからのアドバイスを受けることはとても大切です。

不動産投資で失敗している人の傾向を見てみると、

  • セールス電話をかけてきた初めて話した営業マンから買った
  • 物件を担当していた営業マンだけの話を聞いて買った

など、不動産投資において収益物件を購入する段階で一人の営業マンだけからの情報で買ってしまっていることが多いのが特徴です。

もちろんそれで良い収益物件を買えた人もいるでしょう。

しかし圧倒的に多くの人はたった一人から売り込まれた情報をもとに収益物件を買うという判断をしてしまっているのが現実なのです。

この記事では、不動産投資の仕入れで失敗しないための信頼できるパートナーの重要性についてご紹介します。

続きを読む

不動産投資で確実に儲けるために絶対に必要なプロのレントロールの裏側を見るレントロール活用法

レントロールを見るときに絶対に失敗しないマル秘チェックマニュアル

レントロールを制する者が不動産投資を制します。

レントロール上に並んだ数字だけを見て、良い収益物件だと思うのは早計すぎます。

収益物件の取得後もそのレントロール通りに収益を維持できるのかどうかが肝心です。

そのためには本当のプロ仕様のレントロールの雛形を知って確認すべき事項を総チェックすることが必要です。

収益物件のレントロールは利回り計算のベースとなり不動産投資の収益の根幹をなす賃料収入の書類なので超重要書類といえます。

この記事では不動産投資で確実に儲けるために絶対に必要なプロのレントロールの裏側を見るレントロール活用法をご紹介します。

続きを読む

大阪方式(関西方式)の『持ち回り』とは敷金や保証金の返還債務のみを引き継ぐ取引慣習なので注意する

大阪方式(関西方式)の『敷金持ち回り』で収益物件の売買を行う際の注意点

不動産投資における収益物件の売買で大阪方式(関西方式)『敷金持ち回り』と呼ばれる預かり金の引継ぎ方法があることをご存知でしょうか?

これを知らないと引き継げると見込んでいた敷金や保証金などの返還債務のある預かり金が引き継げないということになってしまいます。

特に東京の人が関西の収益物件を購入する際に大阪方式(関西方式)の『敷金持ち回り』という取引慣習の違いに違和感を持たれることが多いです。

不動産投資において収益物件の売買では一般的に賃貸人と賃借人の契約は引き渡し時に売主から買主に引き継がれます。

家賃の引継ぎに目が行きがちですが、敷金や保証金などの預り金の引継ぎの取り扱いについてもしっかりと把握しておくことが必須です。

賃借人は売主に敷金を預けているはずですが、売買によって収益物件の所有権が買主に移転した場合、敷金はどのように扱うのかを理解することがポイントとなります。

また大阪方式(関西方式)といって大阪近郊の関西エリアで行われる『敷金持ち回り』といわれる敷金などの預かり金の返還債務に関する慣習も理解しておくことが必要です。

『持ち回り』という言葉を額面通りに受け取ると預かり金そのものを引き継ぐのかと思われがちですが実は『持ち回り』方式で引き継ぐのは預かり金の返還債務のみとされますので注意が必要です。

この記事では、大阪方式(関西方式)の『持ち回り』とは敷金や保証金の返還債務のみを引き継ぐ取引慣習なので注意が必要なことをご紹介します。

続きを読む

不動産投資で収益物件の物件概要書での見極めはこれだけを見る!7つの必須チェック項目を実践しよう!

8割の物件概要書をふるいにかける最優先チェック3項目

不動産投資で収益物件を探す入口となる物件概要書で収益物件の良しあしを見極めるにはどうするのが早いのでしょうか?

単純に言えば自分の収益物件の選定基準を満たすのかどうかを見極めればいいことになります。

手順は人それぞれだと思いますが代表的な例をご紹介します。

最優先チェック項目だけで全体の7割~8割程度は検討対象外にすることができると思います。

この記事では、不動産投資で収益物件の物件概要書での見極めはこれだけを見る!7つの必須チェック項目をご紹介します。

続きを読む

不動産投資のリスクを回避するために絶対に知っておくべき不動産投資のリスクはこの7つ

知って安心!不動産投資6大リスクのコントロール法

不動産投資にはリスクがたくさんありどこか怖いイメージもあるのではないでしょうか?

どこか怖いというのは何がリスクなのかはっきりと分かっていないことが原因でもあります。

不動産投資に限った話ではなく投資にはそれぞれリスクがあります。

それは事業やビジネスでも同じです。

予測しうるリスクに対処しながらリターンを最大化しようと考えることが投資やビジネスの基本となります。

そして不動産投資のリスクに対してどのような対応をとるのかを事前に決めておけばかなりの部分でのリスクヘッジとなります。

この記事では、不動産投資のリスクを回避するために絶対に知っておくべき不動産投資の7つのリスクをご紹介します。

続きを読む