物件購入|収益物件の購入の成否で一棟収益不動産投資の成功失敗は8割決まる

アクイジションカテゴリーメニュー

一棟収益物件の購入(アクイジション)がうまくいけば、不動産投資の半分くらいは成功したのと同じとよく言われます。

それだけ不動産投資において、一棟収益購入(アクイジション)がうまくいくかどうかが、投資全体の成否にかかわるウェイトが大きいということです。

不動産投資の原点は良い物件を仕入れることにあります。良い物件を仕入れることができれば、その他多くのリスクを吸収することもできるからです。

一棟収益購入(アクイジション)において、多かれ少なかれ見込み違いは起こるるものですし、突発的なアクシデントや不測の事態も運営上は起こり得ますが、一棟収益購入・アクイジションが原因での致命的な失敗は、今後の投資拡大のためにもできるだけ避けたいところです。

◎一棟収益マンション・アパートか区分収益マンションか
◎RC造一棟マンションか木造一棟アパートか
◎固定資産税評価額や担保評価額の予測
◎銀行評価の出る物件かの判別法
◎レントロール・物件概要書の見方
◎現地調査・賃貸会社へのヒアリング
◎キャッシュフローを重視して投資規模を拡大する投資戦略

などの、一棟収益購入時に役立つコンテンツをまとめています。

また、良い物件ほど足が速いので、一棟収益購入(アクイジション)はスピード重視ともいえます。

限られた時間で競合よりも早く結論を出さないと、物件購入(アクイジション)には負けてしまうでしょう。

そのためにも、物件購入の判断スピードを高め、判断基準が明確にして、判断に使う数値をはじき出す方法も確立させておくことで、一棟収益購入(アクイジション)においての、ここ一番での判断スピードを高めることにつながり、チャンスを逃さないことにもつながります。

収益物件購入

不動産投資で建築基準違反の収益物件のパターンは違法建築・既存不適格・再建築不可の3つ

収益物件の建築基準法不適合物件の3つのパターンを見抜く

不動産投資で収益物件を探していて、ちょっといいなと思った物件が実は建築基準法に違反している物件だったという経験はありませんか? 日本国内で建物を建築する場合は建築基準法の最低基準を満たしていなければいけないと規定されてい […]

収益物件購入

不動産投資で耐用年数オーバーの高利回り築古収益物件で利益を出すポイント

耐用年数オーバーの高利回り築古収益物件で利益を出すポイント

不動産投資での収益物件を選定する際に築古の収益物件が高利回りで魅力的に映るのではないでしょうか? しかし物件価格が安くて利回りが高い築古収益物件には、 いつまで建物がもつか ちゃんと入居者が入るのか といった不安がありま […]

収益物件購入

不動産投資は木造かRC造どっちがいい?メリット・デメリットと収支比較・購入比較【徹底まとめ】

収益物件は木造・鉄骨造・RC造のどれが利益を出しやすいか?

不動産投資の収益物件には様々な構造の建物がありますが、木造アパートとRC造のマンションでは見た目も価格も大きく違いますし耐用年数や融資の条件も変わってきます。 木造とRC造の収益物件を比較すると利益を出しやすい収益物件の […]

収益物件購入

不動産投資で高利回りの収益物件が借地権物件だった場合の購入判断基準と注意点

高利回りの収益物件が借地権物件だった場合の購入判断基準

不動産投資で高利回りの収益物件を探していると、借地権の収益物件も多くあることに気付きます。 借地権とはどのような権利で、借地権の収益物件は投資対象として考えても良いのでしょうか? 結論は高利回りが狙えて融資がつくのであれ […]

収益物件購入

不動産売買契約での債務不履行と損害賠償予定額がよくわかる3つのポイント

大トラブル!収益物件の売買における債務不履行と損害賠償予定額

不動産売買契約において、締結した不動産売買契約が解除となるケースはどのようなものがあるでしょうか? 手付解除による白紙解除 ローン特約による白紙解除 などがありますが、これ以外にも何らかの理由で不動産売買契約の内容が守れ […]

収益物件購入

不動産売買で重要事項説明義務違反でも損害賠償が取れるとは限らない事例と売買契約書確認4項目

説明義務違反があっても損害賠償が取れるとは限らない事例

不動産投資用の収益物件は物件価格が1億円を超えることもざらにあり、非常に高額な取引となります。 だからこそ、収益物件の購入にあたっては細心の注意をもって契約しなければなりません。 しかし、万が一購入した収益物件が、建ぺい […]