ワンルームマンション投資

ワンルームマンション投資がサラリーマンの所得税や住民税の節税対策効果があることの具体的な例

ワンルームマンション投資は所得税や住民税の節税対策になるメリット

ワンルームマンション投資には所得税や住民税を節税できる効果もあることをご存知でしょうか?

バブル期にはこの節税効果の大きさからそれほどの収益を期待できない物件でも節税効果と値上がり益を狙って投資用ワンルームマンションを購入するというケースが急増しました。

そのため税制が改められ当時に比べると節税効果は小さくなってしまいました。

具体的には節税効果の大きい減価償却費の計算方法が変更され、所得から控除できるローンの利息も建物分だけに限定されるなどの措置によって節税効果が小さくなったわけです。

しかしそれでもワンルームマンション購入当初のなにかと経費のかかる時期にはまだまだ十分な節税効果を発揮します。

ここでは、ワンルームマンション投資が所得税や住民税の節税対策になった具体例についてご紹介します。

続きを読む

賃貸管理方式『集金代行・家賃保証(サブリース)』のトクする選び方

賃貸管理の選択基準は空室リスクがないエリアなら『集金代行』安定した収益を目指すなら『家賃保証』

賃貸マンションの管理を賃貸管理会社に任せる方式には大きく分けて2つのパターンがあります。

1つは『集金代行システム』です。

これは賃貸管理会社に一定の管理手数料を支払って、賃貸マンションの大家としての業務を基本的に賃貸管理会社に任せる方式です。

もう1つが『家賃保証システム』です。

これは賃貸管理会社がオーナーからマンションを借り上げて入居者に転貸する方式で『サブリース』とも呼ばれています。

マンション経営の家賃収入のリスクとリターンとのバランスをどう取るかというのをきちんと考えて賃貸管理方式を決めることがポイントとなります。

空室リスクが少ないエリアで家賃保証システムを採用しても損をする可能性が高いので集金代行システムを選択するなどの戦略が必要です。

空室リスクが少なくても入居者の入れ替わりが激しければ空室期間が出て来ますのでその時は家賃保証システムのほうが有利になる場合もあります。

ここでは、賃貸管理方式『集金代行・家賃保証(サブリース)』のトクする選び方についてご紹介します。

続きを読む

投資用ワンルームマンションを購入後の管理業務初心者の心構えとは?

投資用ワンルームマンション購入後の管理業務は基本は管理会社任せでもオーナーとしてやるべきことはやる心構え

ワンルームマンション投資で投資用ワンルームマンションを購入したあとの管理は管理会社に任せてあとはほったらかしでよいのでしょうか?

そういうことは決してなく、投資用ワンルームマンション購入後は賃貸オーナーとしてやるべきことはやるという心構えが欲しいところです。

もちろん基本的な管理業務は管理会社任せで大丈夫です。

しかし全てを管理会社に丸投げではスムーズなマンション経営の運営にはならないことが多いのです。

意思決定や確定申告など賃貸オーナーだからこそ必要な仕事もあるのです。

ここでは、投資用ワンルームマンション購入後の管理業務は基本は管理会社任せでもオーナーとしてやるべきことはやる心構えについてご紹介します。

続きを読む

初めてでも大丈夫!投資用ワンルームマンション購入の流れと必要書類

投資用ワンルームマンション購入時の契約から引き渡しまでの手続きと必要書類

投資用ワンルームマンション購入時の各種の手続きとお金の流れはどのようになっているのでしょうか?

そしてどのような必要書類を事前に準備すればよいのでしょうか?

投資用ワンルームマンション購入の契約から引き渡しまでの流れとその間いつどんなお金が必要になるのかを整理しておくことが大切です。

マンションの購入までの手続きとお金の流れは

  1. 購入物件の決定
  2. 契約
  3. ローン申込
  4. ローン融資内定
  5. ローン契約
  6. 諸費用の支払い
  7. 引き渡し

というステップを踏むことになります。

そして必要書類を事前に用意していくことでスムーズに手続きを進めることができます。

ここでは投資用ワンルームマンション購入時の契約から引き渡しまでの手続きと必要書類ついてご紹介します。

続きを読む

投資用ワンルームマンション購入時の諸費用ってぶっちゃけいくら?

投資用ワンルームマンション購入時にかかる諸費用はどれくらいの準備が必要か?

ワンルームマンション投資を始める際の投資用ワンルームマンション購入時にはどれくらいの諸費用を準備すればいいのでしょうか?

マンション購入時には各種の手数料や諸費用が必要です。

マンション購入価格の全額をローンで調達するにしても別途諸費用が必要になります。

購入する物件やローンを利用するかどうかなどの条件にもよりますが、マンション購入価格の3~5%程度は諸費用として準備しておくと安心です。

ここでは、投資用ワンルームマンション購入時にかかる諸費用はどれくらい準備が必要かについてご紹介します。

続きを読む

ワンルームマンション投資の世代別・ライフステージ別資金計画とは?

ワンルームマンション投資で注意すべき世代によって違うマンション経営のライフステージ別資金計画

ワンルームマンション投資でマンション経営を行うにあたって将来的な生活設計を考慮した資金計画を立てているでしょうか?

マンション経営でローンを利用するときには、自分たちの現在の家計だけでなく、将来の生活設計も十分に考慮に入れた資金計画にするべきです。

たとえば、

  • シングル
  • ディンクス
  • 子育て世代
  • 中高年世代

でもそれぞれのライフステージ別にマンション経営の資金計画は違ってきます。

ここでは、ワンルームマンション投資で注意すべき世代によって違うマンション経営のライフステージ別資金計画についてご紹介します。

続きを読む

投資用ワンルームマンションのローンを繰上返済するメリットはある?

投資用ワンルームマンションのローン返済を繰り上げ返済するメリット

ワンルームマンション投資で投資用ワンルームマンションのローン返済を繰り上げ返済するメリットはあるのでしょうか?

実は繰り上げ返済のメリットは大ありなのです。

100万円の繰り上げ返済で200万円近くトクすることもあります。

なので投資用ワンルームマンションのローン返済が始まってからもローンを少しでも早く減らすことを心掛けたいところです。

ここでは投資用ワンルームマンションのローン返済を繰り上げ返済するメリットについてご紹介します。

続きを読む

ワンルームマンション投資のローン返済期間を短くするメリットとは?

ワンルームマンション投資のローン返済期間をできるだけ短くすることで得られるメリット

ワンルームマンション投資でローンの返済期間によって有利不利はあるのでしょうか?

ワンルームマンション投資だけに限った話ではありませんが、銀行ローンは金利の低いローンをできるだけ早く返済するのが有利です。

ローンの返済期間を短くすれば毎月の返済額は増えますが返済期間が短くなる分だけ完済までの総返済額を大幅に軽減することができるからです。

ローンの返済期間が30年返済に比べれば20年返済のほうが気持ちがラクになりますし、実際に10年早く投資用ワンルームマンションから得られる家賃収入を全額自由に使うことができるようになるのです。

ここでは、ワンルームマンション投資のローン返済期間をできるだけ短くすることで得られるメリットについてご紹介します。

続きを読む

ワンルームマンション投資のローン金利で総返済額はこれだけ変わる!

投資用ワンルームマンション購入時のローン金利の違いが総返済額に与える影響

ワンルームマンション投資で投資用ワンルームマンションを購入する際のローンの金利の違いが総返済額に与える影響はどれくらいなのでしょうか?

投資用ワンルームマンション購入時の銀行ローンの金利は金利タイプによって異なってきますし金融機関によってもバラツキがあります。

かつてはどの銀行を利用してもほとんど差が無いという時代もあったのですが、最近で各金融機関ごとに店頭表示の金利にも差が見られるようになっています。

それだけに投資用ワンルームマンションを販売している不動産会社がどの金融機関と提携していて、どんなローンを利用できるかがとても重要な問題になってくるわけです。

多くの金融機関と提携していて、さまざまなタイプのローンを取り扱っており、なおかつ金利が低いローンを用意してくれている不動産会社から購入するのが先々の運用で有利になるのはいうまでもないでしょう。

ここでは、投資用ワンルームマンション購入時のローン金利の違いが総返済額に与える影響についてご紹介します。

続きを読む

投資用ワンルームマンション購入時のローン金利の3つのタイプとは?

投資用ワンルームマンション購入時の銀行ローンの3つの金利タイプ

 投資用ワンルームマンション購入時にローンを使う際に銀行ローンには3つの金利タイプの違いがあるのをご存知でしょうか?

大きく分けて

  1. 固定金利型
  2. 変動金利型
  3. 固定金利選択型

の3つのタイプに分けられます。

投資用ワンルームマンション購入目的の銀行ローンはマイホームを買う時の住宅ローンとは違い事業用ローンの部類に分類されています。

金利タイプや金利そのものも住宅ローンとは違うので同じように考えないよう注意が必要です。

ここでは投資用ワンルームマンション購入時の銀行ローンの3つの金利タイプについてご紹介します。

続きを読む