任意売却や自己破産をするとブラックリストに載って一生棒に振る?のではなく任意売却や自己破産は復活の手段

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
任意売却や自己破産をするとブラックリストに載って一生棒に振るのか?そうではなく任意売却や自己破産は復活の手段

任意売却で不動産を売却するとブラックリストに載るのでしょうか?そして自己破産するともっと重たいブラックリストに載るのでしょうか?

などというご質問は非常に多いです。

それだけ多くの人がブラックリストに載るのは嫌だと考えているということですが中には都市伝説のようなものもあります。

実は任意売却したからブラックリストに載るとか自己破産したからブラックリストに載るとかそんなことはまったくありません。

というかそもそもブラックリストなるものは存在していないというのが事実です。

勘違いの元となっているのが『個人信用情報』俗にいう『個信』というデータベースは存在しています。

  • CIC(指定信用情報機関)
  • JICC(日本信用情報機構)
  • KSC(全国銀行個人信用情報センター)

という3つの個人信用情報を取り扱う機関があり、金融機関やクレジット会社が借入の申込を受けた際にこのデータベースにアクセスして、借入申込者の今までの借入履歴や事故歴などを見て審査を行うということです。

なので任意売却で不動産を売却する際に住宅ローンを延滞したという事実や代位弁済されたという事故歴は個人信用情報には登録されることになります。

延滞歴や事故歴が個人信用情報に登録されていれば次に借入をしようとしたときに金融機関がデータベースにアクセスして審査で落としてしまうので借入ができなくなるというわけです。

なのでブラックリストというものは存在しませんが返済履歴はもちろん延滞や事故の事実は個人信用情報のデータベースに登録されるということは覚えておく必要があります。

任意売却や自己破産をするとブラックリストに載って一生棒に振る?ではなく任意売却や自己破産は復活の手段

ブラックリストは存在しないが個人信用情報に借入関係の履歴は随時登録されている

冒頭でも申し上げましたが任意売却をするからブラックリストに載るとか自己破産するとブラックリストに載るということはありません。

そういうブラックリストというものはそもそも存在しないからです。

しかし個人信用情報というデータベースには借入関係の履歴が全て登録されています。

  1. 借入をした履歴
  2. 返済をした履歴
  3. 延滞をした履歴
  4. 代位弁済された履歴
  5. 自己破産や債務整理をした履歴

などが記載されていきます。

なので全く借り入れがないとかクレジットカードを持ったことがないとかいう人を除けば、ほとんどの人が自分のデータベースがありその中に1と2の登録はあるということです。

 

任意売却した履歴は残らないが延滞や代位弁済されたり自己破産した履歴は個人信用情報には残る

任意売却で不動産を売却する場合は、任意売却に至るまでに住宅ローンの延滞から代位弁済をされている状態になっています。

なので個人信用情報には延滞歴や代位弁済歴が登録されることになります。

そしてこのようなネガティブ情報が登録されると次に借入をしようとしても貸し手側の金融機関がネガティブ情報を見て断ってくるという仕組みになっています。

問題はいつまでこのようなネガティブ情報が登録されるかということだと思います。

基本的に一度登録されたネガティブ情報は消えることはありません。

ただし金融機関が審査の際に個人信用情報のチェックを5~6年分遡って行うと言われています。

なのであまり昔のネガティブ情報は借入の審査では引っかかってこないということです。

任意売却で家を手放しても5年以上経過すれば普通に借入ができるようになったり新しくカードを作れたりするのはこのためなのです。

自己破産したというネガティブ情報は10年以上遡って調べることが多いと言われています。

なので自己破産だけは次の借入ができるようになるまでに少し時間がかかるということになります。

しかし自己破産すれば全ての借入が免責となって債務がゼロになるので借入は必要なくなることが多いです。

 

任意売却や自己破産をしたとしても復活は可能

ぶっちゃけた話をすると、昔に自己破産をしてから10年以上たってから再度住宅ローンを借りて家を買えたというケースはよくあります。

そして自己破産後に買った家がまたしても任意売却になったというケースもありました。

任意売却や自己破産したら人生終わりくらいのイメージに考えられていることが多いですが、任意売却や自己破産はあくまでも膨らんだ債務を整理して復活するための手段なのです。

そして任意売却や自己破産をしたとしても一定のペナルティ期間を過ぎて復活したらまた普通に借入ができるということです。

逆に言えば無理な支払いをずっと無理して行うより、見切りをつけていったん整理した方がよほど楽になることも多いといえるのです。

考えどころはその見切りをどこでつけるかということだけだと思います。

 

まとめ

  • 任意売却で不動産を売却したり自己破産をするとブラックリストに載ると思われていることが多いが、そもそもブラックリストというものは存在しない。
  • 金融機関が借入の審査時に照会する個人の信用情報に全ての人の借入履歴や延滞歴や事故歴などが記載されているだけのこと。
  • 個人信用情報に延滞や代位弁済、自己破産などのネガティブ情報が記載されていれば当然借入審査で引っかかることからブラックリスト入りしたと言われているだけのこと。
  • 金融機関はネガティブ情報を5~10年ほど遡って調べるためその期間だけ借入が出来ないがそのペナルティ期間が経過すれば復活できる。
  • 任意売却や自己破産はあくまでも膨らんだ債務を整理して復活するための手段なので、しんどいままずっとやっていくのか見切りをつけていったん整理するのかが一番の考えどころとなる。

この記事を読んだ方は他にこんな記事を読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【全国対応】住宅ローン問題を解決したいあなたへ

ここまで読み進められたあなたは今もしかして住宅ローンの返済が厳しくて苦しい思いをされてはいませんか?

毎日毎日次の支払いをどうしようとかお金の工面のことで頭がいっぱいで日々苦しみ悩まれている方は非常に多くいらっしゃいます。

しかし住宅ローンの返済を含めてお金に関する様々な問題は専門的な知識と経験を持ったプロがきちんとした手続きを踏むことでたいていのことは解決できます。

今まで1000件以上の住宅ローン返済問題を解決させてきた経験からもそれは断言できます。

少しでもあなたの次の生活を立て直してお金の心配のない平穏な生活を取り戻して頂けるよう私は全力であなたのご相談にお応え致しております。

北海道から沖縄まで日本全国対応可能です。

まずはメールにてお気軽にご相談ください。


住宅ローン返済問題を解決する

SNSでもご購読できます。

★直近リアルタイム人気の記事★

貯水槽や浄化槽の点検費用を払い過ぎないために必ず把握しておくべき貯水槽や浄化槽の点検費用の目安と相場
日本政策金融公庫の不動産投資ローン・アパートローン8つの特徴と最新の融資動向
不動産投資で大阪方式(関西方式)の『敷金持ち回り』方式で収益物件の売買を行う際の注意点
不動産投資で知っておくべき減価償却費のすべて【まとめ】(節税・融資・デッドクロス)
貸主側からの立ち退きの考え方と立ち退き料の相場と円滑な立ち退き交渉の最重要点
擁壁のほとんどが基準不適合!宅地造成工事規制区域で擁壁のある収益物件を買ったあとの擁壁工事は高額になるので注意する
不動産投資でエイブルやアパマンなど不動産賃貸仲介を行う管理会社を使う際に損しないための注意点
不動産投資で収益物件を仕入れた初年度だけは経費で大きな赤字が出るので必ず節税できる2つの大きな要因
立ち退きさせられる?悪質な家賃滞納者への裁判と強制執行での大家側からの適切な立ち退き5つのステップ

コメントを残す

*