債権者である銀行担当者が不動産の任意売却にのめり込みすぎて失敗する2大トラブル事例

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
銀行担当者が任意売却にのめり込んで失敗する2大トラブル事例

任意売却において債権者の役割とはどのようなものでしょうか?

任意売却における担保権者のスタンスは、

『配分される金額で担保を解除できるかどうかを検討し、できるのであれば担保権を解除する』

というものであるべきです。

ただそれだけのことなのです。

このスタンスを忘れてしまい、銀行担当者にとっては素人の領域である不動産の分野にのめり込みすぎてしまって結局任意売却を失敗する銀行の担当者がたまにいます。

この記事では債権者である銀行担当者が不動産の任意売却にのめり込みすぎて失敗する2大トラブル事例についてご紹介します。

債権者である銀行担当者が不動産の任意売却にのめり込みすぎて失敗する2大トラブル事例

トラブル事例①:買付証明書による価格の吊り上げを必要以上に行って任意売却の機会を逃す

任意売却を進めていくと、自分が中心となって任意売却にのめり込んでいく銀行の担当者をたまに見ることができます。

例えば、不動産業者から買付証明書をもらい、今度はその買付証明書の金額をたたき台にして、任意売却の価格を徐々に吊り上げていくといったことをついついやってしまうのです。

はじめから入札手続きを取っていたのであればそれでもいいのですが、相対で行っているときに買付証明書の価格を吊り上げていくことは、不動産業界では大変行儀の悪いことでご法度なのです。

考えてみれば分かることのなのですが、不動産業者が買付証明書を入れてくるということは、その前提となる金額で折衝を行い、調査や交渉を経て買付証明書を出しておりその大前提として当該不動産を購入することを念頭に置いているのです。

遊びで金額を書いているわけではないのです。

不動産業者は買付証明書を入れてもらった買主に対して、やっぱりもっと価格が高かったみたいですとは不細工すぎて言えないのです。

場合によっては今までの顧客との信頼関係にも影響するほどのことなのです。

金融のプロである銀行の担当者でも不動産業界のことまではわかりませんから、少しでも良い条件で債権回収を図ろうと頑張るばっかりに、知らない間に不動産業界では御法度になっている一線を超えてしまうのです。

その結果、購入希望者や不動産業者から信義則に反するのではないかという強いクレームが投げかけられることになってしまうのです。

任意売却を債権者である銀行担当者が中心になって行うことは結構なのですが、担保権者はあくまでも担保権者にすぎないということを忘れてはいけません。

冒頭でも申し上げた通り、任意売却における担保権者のスタンスは、

『配分される金額で担保を解除できるかどうかを検討し、できるのであれば担保権を解除する』

ただそれだけのことなのです。

このことを分かっていれば、よほどのことがない限りトラブルの回避は可能となってくるのです。

 

トラブル事例②:決済日当日に書類が揃っておらず決済が流れてしまい任意売却の機会を逃す

銀行の担当者が中心となって行った任意売却において、段取りが悪かったために任意売却決済日当日に関係者が全員集まったものの、解除証書が揃っていなかったりして決済が流れてしまったというケースもあります。

さらに、解除料自体を決済日当日に増額要求をされて任意売却の決済が流れるなどということも現実には起こりうることなのです。

この辺の段取りや危険予測は、不動産のプロの中でも任意売却を多く取り扱っている専門業者が頭一つ抜けていると思います。

なぜなら、任意売却を多く取り扱っている専門業者はそれだけ多くの冷や冷やした経験や、実際に失敗した経験を持っていると考えられるからです。

しっかり段取りしたつもりでも決済当日にイレギュラーが発生するのが不動産取引なのです。

普通の取引でもトラブルが起こるのに任意売却ならトラブルが起こりやすくなるのは当然のことです。

人間は痛い思いをしないかぎり、なかなか本気で対策をしようと考えないものです。

 

まとめ

担保権者はあくまでも担保権者にすぎないということを忘れている銀行担当者が、任意売却にのめり込みすぎると不要なトラブルを起こす可能性があります。

銀行の担当者はあくまでも金融のプロであって、不動産のプロではないからです。

銀行の担当者のなかでいくら不動産に詳しいといっても、不動産ばかり扱っている不動産業者のプロには経験という部分では絶対にかないません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

住宅ローン・不動産担保ローン・不動産投資ローンでお悩みのあなたへ

ここまで読み進められたあなたは今もしかして住宅ローンや不動産担保ローン、不動産投資ローンの返済が厳しくて苦しい思いをされてはいないでしょうか?

金融機関からの督促電話や通知が山のようにあり毎日毎日次の支払いをどうしようとかお金の工面のことで頭がいっぱいで日々苦しみ悩まれているのはあなただけではありません。非常に多くいらっしゃいます。

しかし住宅ローンや不動産担保ローン、不動産投資ローンの返済を含めてお金に関する様々な問題は専門的な知識と経験を持ったプロがきちんとした手続きを踏むことでたいていのことは解決できます。

今まで1000件以上の住宅ローンや不動産担保ローン、不動産投資ローンの返済問題を解決させてきた経験からもそれは断言できます。

少しでもあなたの次の生活を立て直してお金の心配のない平穏な生活を取り戻して頂けるよう私は全力であなたのご相談にお応え致しております。

全国対応可能です。まずはメールにてお気軽にご相談ください。


住宅ローン・不動産担保ローン・不動産投資ローンのお悩みをメールで解決する

SNSでもご購読できます。

★直近48時間内のページ閲覧数トップ9コンテンツ★

レオパレス物件が多く売りに出ていますが結構安いので買わなきゃ損?いやいやレオパレス物件は買ったら損?
木造アパートでの不動産投資を高収益化させて儲けるための不動産投資収支シミュレーション【新築・中古別】
不動産投資のFCR(総収益率)とは?収益物件の本当の利回りを見極める計算方法を知っていますか?
不動産投資の減価償却【まとめ】不動産投資の節税対策は減価償却費抜きには語れない!デッドクロスにも注意!
大阪方式(関西方式)の『持ち回り方式』は敷金などの『返還債務を引き継ぐ(持ち回る)』ということに注意!【更新】
不動産投資を法人化して公務員が副業禁止規定に絶対に引っかからないための資産管理法人設立時の注意点
不動産投資で収支シミュレーション計算書やレントロールによく使われる不動産投資指標トップ10を解説!
不動産投資で良い収益物件情報ばかりを仕入れている不動産投資家が普段からしている3つのすごいコト
不動産投資を法人化した際の損益分岐点と不動産投資の法人化でがっちり儲ける仕組みを構築する手順【更新】

コメントを残す

*