アビリオ債権回収(旧パル債権回収)から催告書が来たらすぐにやるべきこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
アビリオ債権回収(旧パル債権回収)から催告書が来たらすぐにやるべきこと

アビリオ債権回収から催告書が来たらどうすればいいのでしょうか?

アビリオ債権回収(旧パル債権回収)は消費者金融のプロミス系列の債権回収会社(サービサー)です。

もっと大枠でいうと三井住友銀行のSMBCグループの傘下企業です。

  • プロミスの貸付の債権回収
  • 有担保・無担保債権の入札による買い取り・回収業務

を行っています。

なので消費者金融のプロミス自体とは取引がなくても、別の借入先の債権が譲渡されてアビリオ債権回収から連絡がくるというケースはよくあるケースです。

最近では銀行や信託銀行、信金や信組の劣化債権の買取を積極的に行っているため、債権譲渡後に突然今までの借入先だった銀行以外のアビリオ債権回収から連絡がきてびっくりするケースも増えているようです。

アビリオ債権回収(旧パル債権回収)は消費者金融プロミスの貸付金の債権回収を行っている債権回収会社(サービサー)です

アビリオ債権回収(旧パル債権回収)は消費者金融プロミス系列の債権回収会社(サービサー)ですので、大きな業務のひとつとして消費者金融であるプロミスの貸付の債権回収を行います。

プロミスから借り入れをして約定通りにきちんと返済しているうちは、アビリオ債権回収の存在を知ることは無いのではないかと思います。

もしプロミスへの返済が滞ってコールセンターから督促の電話をしても返済がされない場合にはアビリオ債権回収が債権回収を行います。

債権回収という字を見るとすごいことをするように感じますが基本的には

  • 電話連絡
  • 通知書の郵送
  • 訪問

などを行います。

コールセンターの場合は本人に電話するだけに限定されます。

しかし債権回収会社の場合は本人がどうしても連絡が取れなければ、借り入れの際に登録した職場に連絡したり直接自宅を訪問したりしてコンタクトを取ろうとします。

なので基本的には逃げ切りにくいです。

逃げ切れるとすれば自己破産を申し立てて裁判所から免責許可決定が出れば返済はしなくてよくなります。

ただ自己破産は必ず認められるわけではなく借り入れの金額と収入のバランスによっては認められないこともあります。

アビリオ債権回収が本人とコンタクトを取ろうとしても取れない場合は、最終手段として給与の差押えなどを行います。

当然突然に給与を差し押さえるわけではなく『連絡が無ければいついつまでに給与を差し押さえますよ』といいう内容証明郵便で通知を行ってからになります。

もしくは借り入れ者が自宅などの不動産を持っている場合は不動産の差押えを行うこともありそこから任意売却や競売へと進める場合もあります。

とにかく、給与差し押さえや不動産の差押え、任意売却、競売などは最終的な手段となることが多いです。
 

アビリオ債権回収から住宅ローンの催告書がきたらすぐにやるべきこと

アビリオ債権回収から住宅ローンの催告書が来たらどうすればいいのでしょうか?

アビリオ債権回収(旧パル債権回収)の親会社であるプロミスは住宅ローンの貸付を行っていませんので、アビリオ債権回収(旧パル債権回収)がもともとの第一抵当権者としての任意売却を行う場合はそう多くはありません。

多いパターンは下記2パターンです。

  1. 前述の通り、不動産に差押えを行い、競売申立を行う
  2. 他社の債権を買い取り、抵当権者として新たに代位する

1の場合は、競売申立をすることで返済を進めてもらう目的で行うことが多いです。

逆に2の場合は、任意売却を前提としてアビリオ債権拐取が抵当権者となります。

特に第一抵当権の残債が減っている場合で不動産の評価がその残債よりも高い場合は、回収を狙って競売申立てを行い競売か任意売却を行うことが多いです。

競売か任意売却が嫌なら優先的にアビリオ債権回収に返済を行って抵当権を抹消するしか方法がありません。

今までの任意売却の不動産取引では2のケースが多かったように思います。

あとは連帯保証人の不動産にも容赦なく差押えを入れてきますので連帯保証人を立ててプロミスから借り入れしている場合は注意が必要です。

特に連帯保証人を立てる場合は事業性融資のようにある程度高額な場合があるので、差押えを解除しようとしてもまとまった現金が用意できずに泣く泣く競売をされてしまうこともあり得るので注意が必要です。

そういったケースを今までも何度も見てきましたので早めの相談と行動が最善の対策となります。
 

おわりに

アビリオ債権回収(旧パル債権回収)は消費者金融プロミス系列の債権回収会社(サービサー)です。

  • 親会社であるプロミスの貸付金の回収にからんで、不動産に差押えを入れて競売や任意売却に持ち込む場合
  • 他社の債権を買い取って新たに抵当権者となり、競売や任意売却に持ち込む場合

の2パターンがあります。

連帯保証人の不動産にも差押えを入れて競売や任意売却に持ち込もうとすることもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

住宅ローン返済トラブルのお悩みを1日も早く解決させたいあなたへ。

住宅ローンの返済が苦しくても誰にも相談できずあなたひとりで抱え込んで悩まれていませんか?

◎住宅ローンが払えなくなりそう
◎住宅ローンを延滞・滞納してしまった
◎一括請求・代位弁済されてしまった
◎家が競売になりそう
◎離婚するが住宅ローンが残っている

などなど、住宅ローンの返済問題のご相談は誰にでも気軽に相談できることではないということは今まで全国からの1000件以上のご相談を承ってきた私の経験からも痛いほどわかっています。

しかし、誰に相談したらいいのか分からないからといって問題解決を先送りにしていると時間だけが過ぎてしまい、あなたの状況はさらに悪化してしまうでしょう。

インターネットでいろいろ調べても肝心なところは実際に相談してみるまでよくわからないというのが本音のところだと思います。そして実際に話を聞きに行ってしまうと断りにくいのではないかと心配されていたというご相談者様は非常に多いのです。

メールのみでの無料相談なので楽な気持ちでまずは今あなたがお困りのことを相談実績1000件以上のプロにお聞かせください。
ご相談は完全無料です。ご相談の秘密は厳守致します。一緒にあなただけの解決方法を考えていきましょう。


あなたにピッタリの解決方法を一緒に見つける

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*