相続

法人が株式の評価を下げて相続税を節税する事業承継対策法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
法人が株式の評価を下げて相続税を節税する事業承継対策法

収益物件の取得を法人で行うことで、法人の事業承継時の税金対策にもなるということをご存知でしょうか?

法人で収益物件を取得することで、法人の財産の評価減を行うことができます。

法人の財産の評価減とはすなわち株式の評価を下げるということです。

そして株式の評価を下げることが事業承継時の税金対策へとつながるのです。

この記事では、法人が株式の評価を下げて相続税を節税する事業承継対策法をご紹介します。

法人が株式の評価を下げて相続税を節税する事業承継対策法

収益物件で株式の評価を圧縮できる仕組み

オーナー経営絵者にとっては、自社株も重要な資産であり、個人の相続財産のなかで大きな割合を占めているケースも少なくありません。

特に高齢になったオーナー経営者は、事業承継という問題に直面することになります。

事業承継における重要なポイントは株式の承継であり、いかに税金を抑えて後継者に株式を譲渡するかということは、会社の存続において非常に大きな問題となります。

オーナー経営者にとっては自社株の評価のコントロールも重要な仕事だということです。

法人で収益物件を取得することによって、個人で収益物件を取得したときと同じように時価と評価額のギャップが生まれます。

この差額部分が自社株の評価減にもつながります。

これは個人の資産評価の圧縮と同じ仕組みです。

内部留保の3億円を使って、時価3億円の収益物件を取得取得することで、この物件の評価額が1億5000万円であれば、課税対象額の3億円を半分の1億5000万円にまで評価を下げて圧縮できることになります。

それに加えて減価償却費を計上できるので、減価償却費によって利益を減らし、さらに株価を引き下げることも可能となります。

 

個人とひとつだけ異なる点に注意が必要

ただし、ひとつ気を付けなければならないのは、法人で収益物件を取得した場合は取得後3年を経過しなければ、その評価は適用されないという点です。

個人の場合は取得したその日に評価減が発生し、すぐに節税が実現できましたが、法人の場合は取得後3年を経過しなければ、その評価は適用されないという点には注意が必要です。

まとめ

収益物件を取得することで、収益物件の時価と評価額のギャップを利用して法人の株式の評価を下げることができます。

法人の株式の評価を下げることで、事業承継時の税金対策に効果を発揮します。

個人の場合は収益物件取得後にすぐに評価減が発生し節税が実現できますが、法人の場合は取得後3年経過しなければ評価は適用されません。

せっかく収益物件を取得しても、3年以内に事業承継が起これば、税金対策にはならないということです。

なので法人の場合は、個人の場合よりもさらに計画的に戦略を持って取り組む必要があります。

あなたにおすすめの記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料相談:不動産投資のセカンドオピニオンサービス

不動産投資に関して聞きたいことがあるときにいったい誰に相談すればよいのでしょうか?


◎物件購入を検討しているが本当にこの物件でよいのか?

◎不動産会社に勧められている物件は本当に買いなのか?

◎不動産会社の担当者に言われたことの信ぴょう性は?

◎査定してもらった売却価格は妥当なのか?

◎節税対策や相続税対策をどのように進めるべきか?

◎今後の展開や投資戦略はどうしていけばよいのか?


など、様々な不動産投資に関する疑問に対して、プロの目線で第三者のアドバイスを無料で受けることができます。


是非、不動産投資のセカンドオピニオンサービスをあなたの不動産投資にお役立てください。


不動産投資のセカンドオピニオンサービス

【免責事項】

当サイトのすべてのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性等を保証するものではありません。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねます。 本免責事項、および、当サイトに掲載しているコンテンツ・情報は、予告なしに変更・削除されることがあります。

コメントを残す

*