保険

『落雷・破裂・爆発』の火災保険補償特約の必要性とそのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
まさかに役立つ補償『火災/落雷/破裂/爆発』の特約

火災保険は火災だけのために加入するものと考えてはいないでしょうか?

実は火災以外に多くの補償があるからこそ、火災保険はもしもの時に非常に頼りになるのです。

落雷・破裂・爆発は火災保険でもっとも基本的な補償です。

起こり得る確率は高くはありませんが、万一上記の被害にあったときには、被害金額が甚大になる傾向がありますので、火災以外でも補償されるということを考えて保険を契約しましょう。

この記事では、『落雷・破裂・爆発』の火災保険補償特約の必要性とそのポイントをご紹介します。

『落雷・破裂・爆発』の火災保険補償特約の必要性とそのポイント

火災保険の火災時の補償について

火災は、

  • 放火
  • 失火
  • もらい火

などが補償対象となります。

  • 共用部分の外壁や廊下が焦げた
  • 消火活動の際、隔壁版やバルコニーガラスが割れた
  • 火災の際の消防の放水などで破損した

などでも火災保険の補償が適用されます。

耐火性能が高い住宅が増えたことによって、建物の全焼事故の発生件数は減少傾向にあります。

自分で消火できる程度の小火(ボヤ)が多いのですが、被害が小さくても、火災の事故においての保険金請求の際には、罹災証明が必要となります。

消防署による消火活動の有無にかかわらず、必ず消防署に連絡する必要があります。

 

落雷の補償特約

  • 過電流が流れたことにより火災報知設備が損傷
  • 同じくエレベーターの基盤が損傷
  • 落雷により外壁の一部が吹き飛んだ

などの場合に補償されます。

自費で修理すると100万円以上かかるケースもあります。

落雷による被害は、一般的には夏場に発生することが多いですが、日本海側では冬場の降雪時にも被害が見られます。

保険金請求の際には、落雷による損害であることを明記した、修理見積書が必要となります。

 

破裂・爆発の補償特約

ガス爆発などで外壁やベランダが吹き飛んだなどの損壊を補償します。

『気体または蒸気の急激な膨張を伴う破裂、またはその現象による衝撃、破損の損害』となっています。

なので、水道管の凍結による破裂は補償の対象外となります。

寒い地域に物件を保有している場合は、水濡れなどで水道管が凍結した場合に、水道管凍結修理費用が補償されるような保険を選ぶとさらに安心です。

まとめ

  • 火災保険に入ればほとんどの場合、『落雷・破裂・爆発』の補償がついていることが多いので、補償がついているか確認する。
  • 火災では、小火(ぼや)は比較的よく発生する事故なので、火災保険加入は必須と考える。破裂・爆発はやや少ない事故ではあるので外しても構わないが、周囲よりも背の高い建物の場合は落雷は必須と考える。
  • 補償がはじめからセットとなっている場合は、補償を外してもそれほど保険料の支払いが減らないことが多いので、ついているならつけておくほうが安心ともいえる。

あなたにおすすめの記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料相談:不動産投資のセカンドオピニオンサービス

不動産投資に関して聞きたいことがあるときにいったい誰に相談すればよいのでしょうか?


◎物件購入を検討しているが本当にこの物件でよいのか?

◎不動産会社に勧められている物件は本当に買いなのか?

◎不動産会社の担当者に言われたことの信ぴょう性は?

◎査定してもらった売却価格は妥当なのか?

◎節税対策や相続税対策をどのように進めるべきか?

◎今後の展開や投資戦略はどうしていけばよいのか?


など、様々な不動産投資に関する疑問に対して、プロの目線で第三者のアドバイスを無料で受けることができます。


是非、不動産投資のセカンドオピニオンサービスをあなたの不動産投資にお役立てください。


不動産投資のセカンドオピニオンサービス

【免責事項】

当サイトのすべてのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性等を保証するものではありません。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねます。 本免責事項、および、当サイトに掲載しているコンテンツ・情報は、予告なしに変更・削除されることがあります。

コメントを残す

*