保険

盗難・偶然な事故による破損・汚損補償特約の特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
盗難は発生確率高め!『盗難/偶然な事故による破損・汚損』補償

『盗難・偶然な事故による破損・汚損』火災保険補償特約についてです。

こんなのはあまり現実味がないのではないかと思われてはいませんでしょうか?

実は、盗難は意外と発生確率があるようです。

  • 住宅への侵入による盗難
  • マンション共用部の設置物を盗難される

などの被害は比較的高い確率で起こり得るといえます。

この記事では、発生率が比較的高めな盗難・偶然な事故による破損・汚損補償特約の特徴をご紹介します。

盗難は発生率高い!盗難・偶然な事故による破損・汚損補償特約の特徴

盗難補償特約

盗難補償特約は、

  • 窓を破られて侵入した
  • ドア錠を壊して侵入した

などで、建物に被害があった場合に補償されます。

入居者の現金が盗まれたなどについては、入居者の保険で対応することになります。あくまで建物の火災保険に付帯する補償特約となります。

最近発生が多く、ニュースでもたまに報道されていますが、空室のバルコニーからエアコンの室外機が盗まれるケースもあります。

室外機の金属部分を売るために丸ごと盗むようですが、室外機が盗まれればエアコンが使えなくなってしまうので、盗難被害を警察に届けることで保険で補償される対象となります。

盗み方も乱暴で、配管などもぶった切ったり、壁に固定しているものを引っこ抜いたりするので、建物自体にも傷がつくことがありますので、その際はそれも含めて警察に被害届を出して保険会社に打診します。

側溝の金属製の蓋、ガレージの車止め、金属製のポールや鎖なども狙われます。意外と予想してないようなものが盗難の被害にあっていますので盗難補償特約をつけておくと安心です。

 

偶然な事故による破損・汚損補償特約

偶然な事故による破損・汚損補償特約は、不測かつ偶発的に起こる事故で、他の火災保険補償特約で補償する被害に該当しない一定の損害を補償の対象としています。

保険会社や商品にもよりますが、偶発的な事故による建物の破損による被害をカバーします。

発生確率的には低いものなので、保険が適用されるような偶発的な事故が起きたときには助かるくらいのものというイメージです。

 

破損・汚損補償特約

  • 家具を運んでいたとき、壁にぶつかり穴が開いた
  • 子供がおもちゃを投げて、窓ガラスが割れた
  • 建物の給排水設備であれば、水濡れが適用できるのですが、それができない駐車場内に敷設してある配管が突然破裂して被害が出た
  • 病死した部屋の汚損

などのケースでの建物の破損・汚損が補償の対象とされています。

まとめ

  • 盗難は一定の確率で起きるものなので、盗難補償特約には入っておいて損はない。盗難も荒っぽい手口が増えているので、盗難された物損以上に建物の被害が出ることもあり、特に空室や敷地内の見通しの悪いところが狙われやすい。
  • 偶然な事故による破損・汚損は発生確率は低いので、余裕があれば入っておけば安心度が増す。
  • 破損・汚損は確実に入っておきたい補償のひとつといえる。補償適用範囲が保険会社の解釈によって広い部分でもあるので、建物の被害にかなり使えるものとなっている。入居者が病死した部屋を汚損として処理してもらえれば、高齢者を受け入れるリスクもある程度回避できる。

あなたにおすすめの記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料相談:不動産投資のセカンドオピニオンサービス

不動産投資に関して聞きたいことがあるときにいったい誰に相談すればよいのでしょうか?


◎物件購入を検討しているが本当にこの物件でよいのか?

◎不動産会社に勧められている物件は本当に買いなのか?

◎不動産会社の担当者に言われたことの信ぴょう性は?

◎査定してもらった売却価格は妥当なのか?

◎節税対策や相続税対策をどのように進めるべきか?

◎今後の展開や投資戦略はどうしていけばよいのか?


など、様々な不動産投資に関する疑問に対して、プロの目線で第三者のアドバイスを無料で受けることができます。


是非、不動産投資のセカンドオピニオンサービスをあなたの不動産投資にお役立てください。


不動産投資のセカンドオピニオンサービス

【免責事項】

当サイトのすべてのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性等を保証するものではありません。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねます。 本免責事項、および、当サイトに掲載しているコンテンツ・情報は、予告なしに変更・削除されることがあります。

コメントを残す

*