PM&リーシング

給料差押えによって強制的に滞納家賃の回収を行う手順

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
給料差押えによって強制的に滞納家賃の回収はできるのか?

家賃滞納入居者に対して、給料差押えによって強制的に滞納家賃を回収することはできるのでしょうか?

一棟アパートや一棟マンションを賃貸する際に書いてもらう書類に『入居申込書』があります。

  • 賃借人の住所
  • 氏名
  • 年齢
  • 勤務先
  • 部署名
  • その連絡先

くらいまで書いてもらっている理由として、2つの側面があります。

  • その人の支払い能力や属性を確認する『入居審査』としての側面
  • 家賃を滞納した時の『給料を差押えする』ための連絡先としての側面

この記事では、給料差押えによって強制的に滞納家賃を回収する方法をご紹介します。


給料差押えをすると勤務先から家賃を払ってもらえる

給料差押えをすると勤務先から家賃を払ってもらえる

督促を何度も行っても滞納家賃を支払ってこない場合は、『給料の差押え』という方法があります。

差押えとは、給料が勤務先から賃借人に支払われる前に、そこから家賃分を強制的に差し引いて、勤務先から直接こちらに滞納家賃を振り込んでもらうという方法です。

本人の意思にかかわらず、給料から強制的に差し引くことができるため、確実に家賃を回収することができます。

 

給料差押えの手順

差押えは非常に強い権力ですので、差押さえるためには『債務名義』が必要になります。

債務名義とは、裁判所からの

  • 確定判決
  • 和解調書

などのことを言います。

そのため、給料を差し押さえるためには、事前に訴訟を起こす手続きが必要となります。

その後、下記書類を裁判所に提出して申し立てます。

  • 債権差押命令申立書
  • 債務名義(執行文の付与が必要)
  • 送達証明書
  • 資格証明書
  • 滞納者の勤務先の会社謄本
  • 住民票、戸籍の附票など

給料を差し押さえるためには、大前提として、『滞納者の勤務先』が判明している必要があります。

たとえ裁判で勝訴しても、裁判所が公権力によって滞納者の勤務先を調査してくれるわけではありません。

そのため滞納者の勤務先が分からなければ、給料の差押えは不可能となります。

 

家賃全額は差押えできない場合

差押えができたとしても、家賃の全額を一度に差押えできるとは限りません。

給料の差押えには、債務者の生活を守るために一定の制限がかかっており、手取りの1/4までしか差し押さえることができないことになっています。

そのため、家賃が6万円だとしても、給料が20万円であれば5万円までしか差し押さえられないことになります。

差押えができないだけで、債務は残りますので、あとの1万円は自力で直接回収することになります。

 

給料差押えのデメリット

滞納者が会社をクビになる可能性がある

給料を差し押さえると、滞納者の勤務先に裁判所から差し押さえ命令書が届きます。

普通の会社であれば、これが届いた時点で滅多に見るものではないため、びっくりすることになります。

そこには、

  • どの社員が
  • どんな理由で
  • 誰から
  • いくら

差し押さえられているのかがはっきりと書かれています。

つまり、勤務先に家賃を滞納していることが完全にバレてしまうということです。

これは社内的にも非常に印象が悪いですから、出世コースから外されたり、場合によっては解雇される可能性があります。

もちろんこんな理由による解雇では不当解雇になりますので、現実的にはその社員が自主退社するように仕向けて辞めさせることになります。

万が一給料を差し押さえたことによって、滞納者が職を失うこととなれば、滞納者の支払い能力はなくなり、今以上に滞納家賃の回収は困難となります。

 

ですので、給料差押えは最終手段として、やらないけど賃借人に給与差押えをちらつかせてプレッシャーをかけて支払いをうながすための手段として認識しておいたほうが良い側面もあります。

 

滞納家賃を回収している間に更に滞納が発生する

3ヵ月分滞納している状態で差押えをして、給料3ヵ月分を差し押さえて全額回収したとしても、そのときには更に家賃滞納が発生している可能性があります。

家賃のように毎月債権が発生する場合は、たとえ給料を差し押さえたとしても、それだけでは根本的な解決には至らない可能性があるということです。

 

滞納家賃の回収より建物明渡しが最優先

不動産投資において、万が一家賃滞納に遭遇したら、滞納家賃の全額回収よりも、建物の明渡しを最優先に考えることが重要です。

家賃滞納入居者がその部屋にいるだけで、新たな損失がどんどん増えてしまいますので、まずは建物明渡請求によって部屋を奪還し、そのうえで給料を差し押さえるなどしてゆっくり滞納家賃を回収するほうが合理的です。

部屋を一刻も早く明け渡してもらうことを最優先にして、空けた部屋に早く新たな入居者に住んでもらったほうが、よほどメリットがあるということです。

 

まとめ

  • 給料の差押えは債権回収の手段としては非常に有効なのですが、家賃滞納の場合は、問題の根本的な解決にはならないケースが多いため、まずは建物明渡しを優先的に考えるようにする。
  • 給料の差押えは、実際に実行するよりも、家賃滞納入居者に対するプレッシャーをかけるために使う。まともに働けている入居者であれば、会社に差押え書類が届くことは嫌なことになるので、給料差押えしますよ、会社に書類が届きますよとプレッシャーをかけて、支払いを促す手段とすることができる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料相談:不動産投資のセカンドオピニオンサービス

不動産投資に関して聞きたいことがあるときにいったい誰に相談すればよいのでしょうか?


◎物件購入を検討しているが本当にこの物件でよいのか?

◎不動産会社に勧められている物件は本当に買いなのか?

◎不動産会社の担当者に言われたことの信ぴょう性は?

◎査定してもらった売却価格は妥当なのか?

◎節税対策や相続税対策をどのように進めるべきか?

◎今後の展開や投資戦略はどうしていけばよいのか?


など、様々な不動産投資に関する疑問に対して、プロの目線で第三者のアドバイスを無料で受けることができます。


是非、不動産投資のセカンドオピニオンサービスをあなたの不動産投資にお役立てください。


不動産投資のセカンドオピニオンサービス

【免責事項】

当サイトのすべてのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性等を保証するものではありません。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねます。
本免責事項、および、当サイトに掲載しているコンテンツ・情報は、予告なしに変更・削除されることがあります。

コメントを残す

*