任意売却

自己破産と任意売却を並行して行うことで残債をチャラにする方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
自己破産と任意売却を並行して行うことで残債をチャラにする方法

債務整理のひとつに『自己破産』があります。

『自己破産』をして裁判所から免責許可決定を受けると、任意売却後の住宅ローンの残債や、その他の借入など、すべての借入がチャラになり、返済しなくてよくなりますので、検討する債務者は多いと思います。

『自己破産』をする場合に、債務者が不動産を持っている場合は任意売却が絡むことをご存知でしょうか?

大きく分けて下記の2パターンが存在します。

  • 自己破産手続きをしてから任意売却をする
  • 任意売却をしてから自己破産手続きをする

どちらが債務者にとっては有利なのかというと、自己破産は任意売却よりも前に、できるだけ早い段階で弁護士に相談しておいたほうが、後々債務者には有利な結果になりやすいといえます。

この記事では、自己破産と任意売却を並行して行うことで残債をチャラにする方法をご紹介します。

パターン①自己破産手続きしてから任意売却する

弁護士に相談して自己破産を依頼するとどうなるか?

住宅ローンを滞納している段階で、弁護士に自己破産を依頼して受任されると、自己破産の手続きが始まります。

まず大前提として、自己破産するには、

  • 弁護士に依頼して受任される
  • 弁護士が裁判所に破産申立して裁判所に自己破産が認められる

ことが必要になります。

弁護士に住宅ローンを滞納やその他借り入れしていることを相談して、弁護士が受任すると、各債権者に弁護士が受任通知を送りつけます。

すると、各債権者は債務者本人にではなく、受任した弁護士に対してしか、取り立ての督促ができなくなります。

もし弁護士が受任しているのに債務者本人に督促したら、法律違反になってしまうので、債権者は従わざるを得ないことになります。

弁護士は受任すると、債務者本人の収入と債務状況を調査します。

ここで債務超過の場合に破産申し立て手続きに入ります。

この際、不動産は売却する必要があります。

なぜかというと、売却するまでは残債額が確定しないからです。

残債額が確定しないと、破産申し立ての際の債務が確定できないためです。

そこでどうするかというと、弁護士によって下記の3パターンあります。

  1. 破産申し立て手続きと並行して任意売却を行う
  2. 破産申し立て手続きだけを先にしてしまう
  3. 破産申し立て手続きをしながら競売が終わるのを待つ

それぞれについて詳しく見ていこうと思います。

 

破産申し立て手続きと並行して任意売却を行う弁護士

このケースでは、弁護士が受任すると、不動産業者を使って債務者の不動産を任意売却で処分し、残債額を確定させます。

そのうえで、弁護士は裁判所に破産申し立てを行い、破産開始決定がおりれば自己破産となります。

自己破産が認められて免責決定がおりれば、晴れて借金はすべてチャラになります。

自己破産するしないにかかわらず、任意売却だけでも住宅ローンを滞納して事故扱いになっていることは、個人信用情報上は同じなので、残債や他の借入が多い場合は、自己破産の道を探るのが賢明です。

そして自己破産を検討する際は、早めの段階の方が何かと好都合です。

例えば住宅ローン延滞中に自己破産申し立てを行う場合は、弁護士受任期間の住宅ローンの延滞分を弁護士費用にまわすことができるからです。

また、不動産業者にとってもこのケースの弁護士が一番ありがたいのです。

任意売却を行う弁護士の場合、不動産業者が債務者から相談を受けている間に債務者が勝手に弁護士に相談したとしても、弁護士は任意売却をその不動産業者にさせてくれる可能性が高いからです。

 

破産申し立て手続きだけを先にしてしまう弁護士

このケースの弁護士は、

『本当に破産申し立てしかしない』

というパターンです。

債務者から受任すると、不動産は査定だけをして、さっさと破産申し立て手続きに入ります。

そして裁判所に破産申し立てを行って受理されればそこでお役御免となります。

では、不動産はどうなるのかというと、裁判所が任意売却を行います。

裁判所が破産管財人弁護士を指名し、その破産管財人弁護士が不動産の任意売却を行います。

この破産管財人弁護士はそのときまで誰になるかは分かりません。

任意売却業者が嫌がるのはこのケースです。

相談を受けていた債務者が自己破産したいからと自分で弁護士を探してたまたまこのケースだった場合は、任意売却は裁判所が選んだ破産管財人弁護士が行いますので、相談を受けていた任意売却業者はいったん切れることになります。

破産管財人弁護士がたまたま同じ任意売却業者を使っているという、かなり低い確率の場合だけ、任意売却業者がその任意売却を取り扱うことができるのですが、まあほとんどありません。

任意売却業者からすると、お客さんを1人逃した形になってしまうのです。

 

破産申し立て手続きをしながら競売が終わるのを待つ弁護士

このケースの弁護士もたまにいらっしゃいます。

どちらかというと、

  • 任意売却に興味がない
  • 任意売却をあまり知らない
  • 任意売却をやったことがない

などの場合が多いです。

弁護士が債務者から受任すると、弁護士が各債権者に受任通知を送るので督促は止まります。

最初のケースですとここから任意売却をかけていくのですが、このケースの場合は、そのまま時がたつのを待つことになります。

そうするとどうなるか?

債権者は不動産を競売にかけることになります。

そして競売終了後に残債を確定させて、裁判所に破産申し立てを行うのです。

この場合のメリットでもデメリットでもあるのですが、任意売却よりも競売のほうが時間がかかります。

時間がかかるので、今の家に住みながら住宅ローンを滞納できる期間が長くなります。

言い換えるとタダで住める期間が長くなるということです。

その期間にローンを払うべきだった金額を弁護士費用と引っ越し費用やその後の生活費用にまわすことができます。

早く次にいきたい人には時間がもったいないと感じるかもしれません。

以上が任意売却前に弁護士に相談した場合の3パターンになります。

共通するのが、弁護士費用の心配はあまり心配する必要がないということです。

弁護士に相談してから破産申し立て手続きを終えるまでに何ヵ月かかかりますので、督促が止まった家で、ゆっくりと次の生活の準備を進めることができます。

そして、その期間に払うべきだった住宅ローン返済分のいくらかで弁護士費用は払えてしまいます。

そして、最終的に借金は全額チャラになりますので安心です。

弁護士に相談するのであれば、任意売却前がベストだと言えます。

 

パターン②任意売却してから自己破産手続きをする

任意売却が終わったあとの残債の支払いに困って弁護士に相談するケースです。

競売になってしまって、そのあとの残債の支払いに困るケースも同じです。

この場合は、どのタイプの弁護士に相談しても、不動産の処分は終わっていますので、弁護士が裁判所に破産申し立てを行うだけになります。

そして裁判所から免責許可決定がおりれば、自己破産が認められて、任意売却や競売後の住宅ローンの残債やその他の借入がすべてチャラになり、返済しなくてよくなります。

このケースのネックは、弁護士費用の捻出に困る場合があるということです。

弁護士費用は自己破産でだいたい50万円前後必要です。

住宅ローンの滞納中であれば、半年ほど貯めたら払える金額なのですが、任意売却後で引っ越しをしたあととなると、生活の収支はカツカツの場合も多く、そこが引っかかって踏み出せないケースが見受けられます。

そのような場合でも、分割払いに応じる弁護士もいますので、あきらめないほうがいいです。

特に住宅ローンの残債やその他借入の督促や取り立てが厳しい場合は、50万円前後でカタがつくのであれば、任意売却後でも遅くはありませんので迷わず自己破産を選択するべきです。

無責任な任意売却業者だと、任意売却後の残債は少しずつ返していけばいいという説明をしているケースが多いですが、月々2~3万円ずつ少しずつ返済したところで残債の利息にもならないため、永遠に払い続けることになります。

なので、月々2~3万円ずつでもバカになりません。

  • 年間で30万円前後
  • 10年間で300万円
  • 20年間で600万円

と、かなりの金額を返済していくことになります。

これでは何のために任意売却をしたのか分からなくなってしまいます。

そして、任意売却業者の営業マンは、この問題に対して明確な答えを持ち合わせていないことがほとんどですので頼りになりません。

任意売却業者からすれば、

『任意売却はもう終わった』

という認識なのです。

しかし、債務者の残債の支払い義務はずっと続きます。

運が良ければ、債権譲渡先が一括での残債処理を打診してくるかもしれませんが、いつもそうなるとは限りません。

残債やその他の借入債務の処理は弁護士と裁判所でしかできませんので、債権者から連絡は入るのがうっとうしい場合は、法的に処理するほうが賢いやり方だといえます。

まとめ

  • もし自己破産をする場合は、住宅ローンを滞納したできるだけ早い段階で、弁護士に相談することをおすすめする。弁護士が受任して弁護士が債権者に受任通知を送れば、すべての督促はピタッと止まり、その後は弁護士が代理人として交渉するからである。
  • 弁護士が破産申し立てを裁判所に申請する際に、任意売却を行うパターンがベストだといえる。自己破産するなら任意売却しなくても同じと思うかもしれないが、任意売却することで引っ越し代がもらえる可能性がある。住宅ローン滞納中に貯めた分と、任意売却による引っ越し代を使って、次の生活の再建を行うべきといえる。
  • 任意売却業者は任意売却が仕事なので、任意売却後の残債処理までは面倒を見たがらないので、自分でなんとかするしかない。けっこう残債の督促が厳しい場合もあるので、前もって自己破産しなかった場合でも、あとからでも自己破産を検討する余地はある。

あなたにおすすめの記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料相談:任意売却カウンセリング相談室

住宅ローンの返済が厳しくて苦しい思いをされてはいませんか?


毎日毎日お金のことで頭がいっぱいで日々苦しまれている方は非常に多くいらっしゃいます。


しかし住宅ローンの返済を含め、お金の問題は専門的な知識と経験を持ったプロがきちんとした手続きを踏むことでたいていのことは何とかなります。


今まで300件以上の任意売却コンサルティングを成功させてきた経験からも断言できます。


少しでもあなたの次の生活を立て直してお金の心配のない平穏な生活を取り戻して頂けるよう、私は全力であなたのご相談にお応えしています。


任意売却カウンセリング相談室へ

【免責事項】

 

当サイトのすべてのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性等を保証するものではありません。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねます。
本免責事項、および、当サイトに掲載しているコンテンツ・情報は、予告なしに変更・削除されることがあります。

コメントを残す

*