PM&リーシング

不動産賃貸店舗を持つ管理会社を使って収益アップする2つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
管理会社の候補をピックアップした後は賃貸仲介件数・稼働率の確認

都心部では管理専門会社(PM)の認知度も上がってきているものの、地方などではまだまだ不動産賃貸店舗を持つ管理会社が独占的に頑張っているのではないでしょうか?

不動産賃貸店舗を持つ管理会社を検討する際に重要になるのが、

  • 不動産賃貸仲介件数
  • 自社管理物件の稼働率

の確認を行うことで、そのエリアでの不動産賃貸店舗を持つ管理会社がどのくらいの影響力を持つのかが分かります。

この記事では、不動産賃貸店舗を持つ管理会社を使って収益アップする2つのポイントをご紹介します。


不動産賃貸店舗を持つ管理会社を使って収益アップする2つのポイント

ポイント①賃貸仲介件数と稼働率を見る

不動産賃貸店舗を持つ管理会社の年間の、

  • 不動産賃貸仲介件数
  • 自社管理物件の稼働率

を確認します。

空室は収入を生まないので稼働率を高めることができる力のある不動産賃貸店舗を持つ管理会社か否かを判断する材料となります。

 

ポイント①-1賃貸営業力が強く稼働率が高い会社

自社での賃貸客付けの力が圧倒的に強く、自社管理物件の稼働率が100%に近いことがあります。

自社の管理物件を中心に客付けを行い、自社管理物件の稼働率を上げている会社は、意外にも全国的にあります。

不動産賃貸店舗を持つ管理会社に任せていて稼働率が100%近くを維持できると、不動産投資は非常に楽に進められますし、収益率もアップします。

空き室の予定が出れば、大手チェーンの賃貸不動産店舗は近隣の店舗も含めて一気に決めてくれようとするので、あまりオーナーサイドで動かなくても空室が埋まっていくことがよくあります。

 

ポイント①-2賃貸仲介件数で市場を独占している会社

都心部では少ないですが、地方では特定の賃貸不動産店舗を持つ管理会社が賃貸仲介件数を独占しているケースがあります。

このようなケースになると、この不動産賃貸店舗を持つ管理会社に依頼していないことが、逆に大きなデメリットとなり得ます。

当然ながら不動産賃貸店舗を持つ管理会社は、自社物件への賃貸付けを最優先するため、管理専門会社(PM)であったり、他業者の競合物件にはほとんど賃貸付けしません。

自社でも相当数の物件数を管理しているため、自社物件以外に賃貸付けしている余裕がないともいえます。

そういった状況では、特定の不動産賃貸店舗を持つ管理会社の中で、自分の物件の紹介の頻度を上げてもらうように努力する必要も出てきます。

 

ポイント②不動産賃貸エリアごとで検討の優先度が違う

エリアごとで検討の優先度が違う

ポイント②-1首都圏・大阪以外

不動産賃貸店舗を持つ管理会社の検討を優先します。

東京のように不動産賃貸専業会社も少なく、依然として不動産賃貸店舗を持つ管理会社が中心となっています。

不動産賃貸店舗を持つ管理会社で稼働率を高く維持できるのであれば、現在でも有効な選択肢となります。

地方の管理専門会社(PM)は少ない上に、その実力も地方に行けば行くほど未知数であり、使ってみないとわからないといった不確実性が高まるからです。

自力で空室対策を検討したり、実力のある賃貸オーナーで、管理専門会社(PM)の未熟な部分を補ってあげることができるのであれば、募集窓口が広いこともあり、稼働率を上げることができ、収益性を高められる可能性があります。

ただ、初心者やまだ不動産投資に慣れていない場合には、まずは不動産賃貸店舗を持つ管理会社で優秀な会社を探していき、突出した会社がない場合に管理専門会社(PM)を検討していくほうがいいといえます。

 

ポイント②-2首都圏(東京に近いエリア)・大阪中心部

不動産賃貸店舗を持つ管理会社でも管理専門会社(PM)でもどちらでも可能だといえます。

首都圏では不動産賃貸専業会社も増えてきており、不動産賃貸専業会社としても収益が成り立ってきています。

都心部では平日でも部屋探しが頻繁にあります。

それ以外の地域では、平日は閑散としていて土日に稼ぐことが一般的です。

首都圏や大阪中心部では管理専門会社(PM)がいくつかありますし、空室対策の施策も十分に打てる会社があります。

そのため、初めから管理専門会社(PM)に任せてもいいですし、不動産賃貸店舗を持つ管理会社に任せてもいいと考えられます。

まとめ

  • 賃貸管理会社のタイプ別で選ぶ上では、首都圏や大阪中心部以外は、不動産賃貸店舗を持つ管理会社の大手チェーンを優先して検討していくほうが早い。
  • 地方では、管理専門会社(PM)の実力が未知数であり、リスクがまだまだ大きいことがその一因となっている。
  • 地方では賃貸仲介契約をほぼ独占しているような不動産賃貸店舗を持つ管理会社の大手チェーンは無視できない存在であり、基本的にはそこに管理を任せていくのが得策となる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料相談:不動産投資のセカンドオピニオンサービス

不動産投資に関して聞きたいことがあるときにいったい誰に相談すればよいのでしょうか?


◎物件購入を検討しているが本当にこの物件でよいのか?

◎不動産会社に勧められている物件は本当に買いなのか?

◎不動産会社の担当者に言われたことの信ぴょう性は?

◎査定してもらった売却価格は妥当なのか?

◎節税対策や相続税対策をどのように進めるべきか?

◎今後の展開や投資戦略はどうしていけばよいのか?


など、様々な不動産投資に関する疑問に対して、プロの目線で第三者のアドバイスを無料で受けることができます。


是非、不動産投資のセカンドオピニオンサービスをあなたの不動産投資にお役立てください。


不動産投資のセカンドオピニオンサービス

【免責事項】

当サイトのすべてのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性等を保証するものではありません。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねます。
本免責事項、および、当サイトに掲載しているコンテンツ・情報は、予告なしに変更・削除されることがあります。

コメントを残す

*