PM&リーシング

原状回復費用をどこまで払うか?退去負担金で入居者と揉めない対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
原状回復の退去負担金でもめない方法

賃貸借契約書で退去時にクリーニング代を入居者が負担する旨の特約を入れていたのに、退去時になって入居者が、『通常の使用で汚れた分は大家の負担だ』と言って譲らない場合は、どう対処すればよいのでしょうか?

これに対処するには、賃貸契約時の賃貸借契約書に、入居者負担の範囲を細かく明記しておくことが重要になります。

この記事では、退去負担金で揉めないための対策をご紹介します。

退去負担金でもめるケースは非常に多い

賃貸借契約において最も多いトラブルは、

  • 敷金の返還
  • 原状回復義務(退去負担金)

に関するもととされていて、退去時の費用をめぐって大家と入居者が対立する構図となっています。

そのため、東京ルールや国土交通省のガイドラインが定められ、借主の負担するべき範囲も明確に規定されました。

今では敷金の多くが返還され、原状回復費用の多くはオーナーが負担することになっています。

ここで問題になっているのが、特約として明記されたクリーニング代などの退去負担金です。これも更新料などと同様に、長い間裁判が行われてきましたが、最高裁の判決が出ており、『賃貸借契約書に明記してある範囲については入居者が負担しなければならない』という内容となっています。

つまり、賃貸借契約書に退去時にクリーニングを行うことや、畳の張替を行うことをきちんと明記してあれば有効であるということです。

細かい内容ですが、これらを賃貸借契約書に明記することで、後々のトラブルはかなりの確率で回避することができます。

ただし、東京ルールや国土交通省のガイドラインを超えて定めたもので入居者に不利なものは、訴えられた場合に貸主が敗訴しますので、なんでも特約にするということはできません。

 

退去負担金の確実な回収対策

入居者が退去するときに支払う原状回復に要する工事費のうち、入居者が負担すべき金額を退去負担金といいます。

この退去負担金をできるだけ多く回収することが、収益物件の運用においては非常に重要になります。

入居者の使い方によっては、原状回復費用だけで100万円以上かかるケースもあるからです。

さらに、最近では退去負担金の未収も増えてきているのが事実です。

退去負担金を確実に回収するためには、いくつかの工夫が必要です。

退去負担金は、

  • 金額の確定
  • 回収

という2つのステージに分けて考えるべきです。

 

退去負担金の金額の確定

まずは退去負担金の金額の確定が必要です。これは入居者が退去にあたって原状回復費用のうちいくらを負担するかという取り決めにあたります。

保証会社を利用することで回収自体に問題はないとしても、その前提として入居者にいくら支払ってもらうのかを事前に約束しておかなければなりません。これが金額の確定です。

この金額の確定にはさらに二つのステップが必要となります。

ステップ①:金額の明記

賃貸借契約書にきちんと負担分を明記することです。賃貸借契約書への記載がなければ負担が曖昧になり、現在の消費者保護の流れの中では、オーナーの負担になってしまうケースがほとんどだからです。

ステップ②:退去の立会い

賃貸借契約書に金額を明記したうえで、退去の立会いが重要になります。

退去立会いとは、退去時に入居者と一緒に部屋の中を確認し、どの部分が入居者の過失であるかをその場で確認し、双方合意のもとでサインをしてもらうプロセスのことです。たとえば、たばこのヤニによってクロスが黄色くなっていれば、入居者の負担ということになります。

この退去立会いのやり方次第で入居者にいくら負担してもらえるかの金額が決まってしまいます。

入居者のサインがもらえなければ、そもそも債権になりませんので、保証会社の保証対象にもなりません。

このようにして、まずは退去負担金をきちんと設定し、入居者のサインをもらって、金額を確定させることが重要となります。

 

退去負担金の回収

退去負担金の確実な回収には、保証会社の保証の範囲を退去負担金までに設定することが必要です。

これにより退去時に保証会社から退去負担金が入ってくるので、未収を防ぐことができます。

また保証会社を利用することにより、初期費用なしで入居者募集ができるというメリットもあります。

敷金とは本来退去したときの負担金を担保する目的で入居者から預かりますが、それが保証会社で保証されることによって、敷金を預かる必要がなくなります。

敷金無しで募集できればリーシングにおける競争力が増し、入居率が上がるメリットもついてきます。

まして昨今の入居希望者の傾向としては、初期費用を軽減したいというニーズが大きくなっていていますので、初期費用を抑えることが入居者獲得にも大きな効果を発揮します。

まとめ

退去負担金でもめないためには、賃貸借契約書に退去負担金の範囲をきちんと細かく明記しておく必要があります。

明記されていない場合は、争いになれば消費者保護の観点から貸主がたいてい負けるので注意が必要です。

そして退去負担金の確実な回収においては、まずきちんと金額を確定する必要があります。賃貸借契約書に負担区分の範囲をきちんと明記し、退去時には入居者と立会いをして、どこが入居者の過失で負担となるのかを確定してサインを頂きます。

そのうえで回収に保証会社を入れるのが確実な回収に結びつきます。

退去負担金の保証を入れておけば、敷金を前もって預からなくても退去負担金の未収がなくなるので、敷金ゼロで募集することもできますので、入居率アップというメリットも生まれ、一石二鳥です。

あなたにおすすめの記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料相談:不動産投資のセカンドオピニオンサービス

不動産投資に関して聞きたいことがあるときにいったい誰に相談すればよいのでしょうか?


◎物件購入を検討しているが本当にこの物件でよいのか?

◎不動産会社に勧められている物件は本当に買いなのか?

◎不動産会社の担当者に言われたことの信ぴょう性は?

◎査定してもらった売却価格は妥当なのか?

◎節税対策や相続税対策をどのように進めるべきか?

◎今後の展開や投資戦略はどうしていけばよいのか?


など、様々な不動産投資に関する疑問に対して、プロの目線で第三者のアドバイスを無料で受けることができます。


是非、不動産投資のセカンドオピニオンサービスをあなたの不動産投資にお役立てください。


不動産投資のセカンドオピニオンサービス

【免責事項】

 

当サイトのすべてのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性等を保証するものではありません。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねます。
本免責事項、および、当サイトに掲載しているコンテンツ・情報は、予告なしに変更・削除されることがあります。

コメントを残す

*