任意売却

リースバックで住み続けたい…任意売却のリースバック2つのパターン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
リースバックで住み続けたい!任意売却のリースバック3つのパターン

任意売却で家を手放さなくてはいけなくなったとしても、可能であればそのまま住み続けたいと考える人は多いのではないでしょうか?

第三者に家を買ってもらってそれを賃貸借することで、家賃を払いながら売却した家に住み続けることができるのがリースバックという方法です。

リースバックの最大のメリットは何と言っても引っ越さなくて済むということです。

しかし、いつでもどこでもリースバックができるということではありません。

リースバックが成立するためには整えなければならない条件があり、リースバックが成立したとしても居住期間などに一定の制約を受けるケースがありますので注意が必要です。

また、リースバック時の家賃が高すぎると結局支払いが苦しくなって何のためにリースバックを行ったのかわからなくなってしまいます。

この記事では、任意売却でリースバックが可能になる3つのパターンをご紹介します。

任意売却でリースバックが可能になる2つのパターン

パターン①親子間売買・親族間売買

親や子供との親子間売買や親戚との親族間売買はリースバックでの自由度が一番高くなるメリットがあります。

親や子供、親戚に家を購入してもらうことで、長期間のリースバックが可能となるからです。

また、賃貸借契約の条件面においても家賃などにおいて融通が利くことが多いです。

デメリットをあげるとすれば、親族間売買はローンが付きにくいので購入時にある程度の現金を持っている必要が出てきます。

購入予定者の親族がすでに住宅ローンを抱えていればさらに難しくなります。

また、親族間であるがゆえに甘えが出てしまい家賃を滞納しがちになってしまうこともあります。

そうなることで、

  • 親族間の関係が悪化する
  • 親族間で住宅ローンの支払い苦が伝播する

などの弊害が出てきます。

結局のところリースバックという方法には、

『ローン名義の付け替え』

という側面があるからです。

せっかく助けようとして手を差し伸べてくれた親族をも最終的に裏切ることになるリスクを常に抱えているといえるのです。

 

パターン②リースバック業者・投資家への売買

親族間売買ではなく、リースバックを専門に行う不動産業者や一般投資家に売却して賃貸借契約を結びリースバックを行う方法です。

リースバック業者や投資家とのリースバック契約のメリットは、他人なので融資が付きやすいので売買が成立しやすいということです。

特にリースバックを専門に行う不動産業者などは一応融資は使いますが包括的な融資でほとんど現金決済に近い形での売買取引となります。

その結果、話がまとまって取引が完了するまでがとても早いです。

こう見るとこの方法であればメリットばっかりだと思うかもしれません。

しかしやはりデメリットもあります。

基本的にリースバック専門業者や投資家はいずれ出口戦略として不動産を売却します。

そのため、

  • 転売益を見込んだ購入価格となる
  • リースバック期間が2〜3年程度の定期借家契約となる

ことが特徴として挙げられ、デメリットだともいえます。

転売時には内外装をきれいにバリューアップしますので、それまでの期間で賃貸を行うというイメージです。

なのでせっかくリースバック契約ができても、決められた期間が経過すればやはり出ていかなければならなくなり、永遠に住み続けることはできません。

この方法でうまくいったケースとして、

  1. 子供が中学や高校を卒業するまでは引越したくない
  2. 寝たきりの親を看取ってから引っ越ししたい

というケースがありました。

2〜3年のリースバック期間の間に目的が成就して、リースバック期間満了とともに引っ越されていきました。

 

まとめ

任意売却でリースバックが可能になる2つのパターンとして、

  1. 親子間・親族間売買
  2. リースバック業者・投資家とのリースバック契約

が挙げられます。

しかし、思い通りにことが進むことが意外と難しいのもリースバックの特徴です。

運良く買い取ってくれる親や親族がいたりした場合に長期のリースバックが可能となる場合がありますが、ほとんどのケースは2〜3年の定期借家契約でのリースバックとなり、リースバク契約期間満了とともに退去して引っ越さなければなりません。

安易にリースバックができると考えていると良い条件で任意売却できる機会まで失ってしまうことすらあるのです。

リースバックはどちらかというとその限られたリースバック期間にどうしても今の家でやりたいことがあるというケースでうまくいくことが多いのです。

リースバックのご相談もお受けしていますのでリースバックをご希望ならぜひご相談ください。

あなたにおすすめの記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料相談:任意売却カウンセリング相談室

住宅ローンの返済が厳しくて苦しい思いをされてはいませんか?


毎日毎日お金のことで頭がいっぱいで日々苦しまれている方は非常に多くいらっしゃいます。


しかし住宅ローンの返済を含め、お金の問題は専門的な知識と経験を持ったプロがきちんとした手続きを踏むことでたいていのことは何とかなります。


今まで300件以上の任意売却コンサルティングを成功させてきた経験からも断言できます。


少しでもあなたの次の生活を立て直してお金の心配のない平穏な生活を取り戻して頂けるよう、私は全力であなたのご相談にお応えしています。


任意売却カウンセリング相談室へ

【免責事項】

 

当サイトのすべてのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性等を保証するものではありません。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねます。
本免責事項、および、当サイトに掲載しているコンテンツ・情報は、予告なしに変更・削除されることがあります。

コメントを残す

*