物件購入

収益不動産取得の成否を分ける不動産会社選びの3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
収益不動産取得の成否を分ける不動産会社選びの3つのポイント

収益不動産を取得する際に不動産会社をきちんと選んでいるでしょうか?

収益不動産を購入するには、親せきや知人から購入する以外は、基本的に不動産会社を通す必要があります。

そのため、収益物件選びの前に不動産会社選びが第一のステップとして非常に重要になります。

この記事では、収益不動産取得の成否を分ける不動産会社選びの3つのポイントをご紹介します。


収益不動産取得の成否を分ける不動産会社選びの3つのポイント

ポイント①地元の金融機関と取引があること

信用という視点から考えると、その会社のある地元の金融機関と取引があることを確認する必要があります。

オーナー経営者はご存知の通りだと思いますが、地元の地方銀行や信用金庫は信用で融資を行っています。

そのような金融機関から借り入れをして長期にわたって取引があるということは、一定の信用になるのです。

もし自分が地元の金融機関との取引があるのであれば、そのような取引先の不動産会社を紹介してもらうことも可能です。

信用第一の金融機関が紹介してくれる会社であれば、スキルはともかく経営やコンプライアンスとしては問題のない会社だと客観的に判断できます。

 

ポイント②賃貸管理を行っていること

その不動産会社が賃貸管理を行っていれば大きなアドバンテージになります。

逆に、物件の販売だけで後のことは知らないという会社と取引したいと思うでしょうか?

不動産会社自体が賃貸管理を行っていなくても、提携先の管理会社くらいは持っておいてほしいところです。

たとえば中古車のディーラーが中古車の販売はしますが修理はしませんと言っているのと同じことだからです。

逆に言えば、不動産会社側も管理まで引き受けることによって、販売に一定のハードルが課されることになります。

自社で管理しきれないような収益物件は、無理に売ることができないということです。

 

ポイント③取引実績が豊富にあること

取引実績が豊富にあるかどうかも重要です。

収益不動産の分野は特殊です。

  • 税務の知識
  • 金融の知識
  • 法律の知識
  • 工事の知識

など、様々な専門知識が要求されます。

これらの専門的な知識やノウハウを結集することで効果の高い収益不動産の運用が実現するからです。

そして、この知識やノウハウは多くの取引実績によってしか身につけることはできません。

取引実績が経験として蓄積し、そのまま知識やノウハウとして提案に反映されてくるのです。

まとめ

不動産の世界は何というかいまだに一般の人にはわかりにくい世界です。

世の中に2つとして同じ不動産はありません。また、金額が大きいため、取らなければならないリスクも大きくなります。

よい不動産会社と出会うためには、よい担当者と出会う必要があります。

自分自身で不動産の知識を身につけて、物件を見る目を養うことも不可能ではありませんが、忙しい会社員やオーナー経営者にとっては現実的ではありません。

裁判を起こすときは自分で法律の知識を身につけるのではなく、有能な弁護士を探して依頼するのが一般的です。また自分で税金の知識を身につけて決算を組むのではなく、有能な税理士や会計士に任せると思います。

不動産の運用もそれらとまったく同じなのです。

自分の考えをきちんと理解して、自分のために働いてくれるパートナーを見つけることが不動産投資成功への近道となります。

そして、会社員の管理職の人やオーナー経営者は日ごろから人を使う立場にいるため、一般の人よりも人を見る目があります。

インターネットなどでめぼしい不動産会社を見つけたら、自分で足を運び、面談をすることをおすすめします。そして、自分の納得できる不動産会社や担当者に任せるべきです。

専門知識だけではなく、相性の問題もあります。

誰に任せるかというところが、収益不動産の運用の成否に大きく関わってくるのです。

 

この記事を読んだ方は他にこんな記事を読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料相談:不動産投資のセカンドオピニオンサービス

不動産投資に関して聞きたいことがあるときにいったい誰に相談すればよいのでしょうか?


◎物件購入を検討しているが本当にこの物件でよいのか?

◎不動産会社に勧められている物件は本当に買いなのか?

◎不動産会社の担当者に言われたことの信ぴょう性は?

◎査定してもらった売却価格は妥当なのか?

◎節税対策や相続税対策をどのように進めるべきか?

◎今後の展開や投資戦略はどうしていけばよいのか?


など、様々な不動産投資に関する疑問に対して、プロの目線で第三者のアドバイスを無料で受けることができます。


是非、不動産投資のセカンドオピニオンサービスをあなたの不動産投資にお役立てください。


不動産投資のセカンドオピニオンサービス

【免責事項】

当サイトのすべてのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性等を保証するものではありません。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねます。
本免責事項、および、当サイトに掲載しているコンテンツ・情報は、予告なしに変更・削除されることがあります。

コメントを残す

*