任意売却

不動産を担保にお金を借りる際の抵当権と根抵当権の違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
不動産を担保にお金を借りる際の抵当権と根抵当権の違い

不動産を担保にお金を借りる際に不動産登記簿に登記される抵当権には、

  1. 抵当権
  2. 根抵当権

の2種類があることをご存知でしょうか?

抵当権と根抵当権の大きな違いは、お金を借りるという行為を1回だけ行うか反復継続して行うかという点にあります。

1回だけの場合は抵当権、反復継続する場合は根抵当権が担保である不動産に付けられることになります。

この記事では、不動産を担保にお金を借りる際の抵当権と根抵当権の違いをご紹介します。

不動産を担保にお金を借りる際の抵当権と根抵当権の違い

抵当権とはどのようなものか

例えば自宅として建売住宅や分譲マンションを購入する場合をイメージすると分かりやすいと思います。

銀行から住宅ローンを借りるときにその建売住宅や分譲マンションは銀行の担保不動産になります。

そのときに『抵当権』という担保をつけます。

『抵当権』は銀行にお金を返済すればそれにあわせてだんだんと減っていくことになります。

例えば住宅ローンで2000万円のお金を借りて2000万円の抵当権をつけたとします。

それを頑張って返済していき残り500万円になったとすると、当然『抵当権』も500万円になります。

そしてその残り500万円も返済して借金はゼロとなると『抵当権』もゼロとなります。

ただし借金がゼロとなっても抵当権設定登記は自動的には消えませんので、そのときは『抵当権』を抹消することになります。

 

根抵当権とはどのようなものか

次にお金を借りるときにつける担保に『根抵当権』というものがあります。

例えば商売や事業をしていたとしてすでに所有している不動産を担保にして銀行からお金を借りるとします。

そのときに『抵当権』にするとそのとき1回限りしか借りられませんが、『根抵当権』にすると反復継続して何回も借りることができるのです。

例えば不動産に2000万円の『根抵当権』をつけて2000万円を借り入れたとします。

最初に2000万円借りましたが売上から1500万円を返済し、その後商品を仕入れるためにまた1000万円が必要となったときに、最初の2000万円の『根抵当権』を引き続き担保にしてその1000万円が借りられるというわけです。

そしてさらに500万円が必要となったとしても、まだ2000万円の『根抵当権』の枠が500万円残っているので、その『根抵当権』を利用して借り入れができます。これが『根抵当権』の仕組みです。

『抵当権』だと1回限りのため、返済と借り入れを繰り返す場合でもその都度抵当権の抹消と登記を行う必要があるので実用的ではありません。

まとめ

『抵当権』と『根抵当権』の大きな違いは、お金を借りるという行為を1回だけ行うか反復継続して行うかという点にあります。

『抵当権』は主に住宅ローンなどで不動産を取得する際にその不動産につける担保です。

少しずつ返済していき最後まで返済したら『抵当権』は抹消されます。途中で返済した分をもう一度借りるということはできません。

『根抵当権』は主に事業や商売などでお金を借りる際に不動産につける担保です。

『根抵当権』はその枠の中で何度でも借り入れと返済ができるので運転資金などで反復継続して返済と借り入れを繰り返す場合などに設定されます。

ちなみにその『根抵当権』の枠のことを『極度額』といいます。

あなたにおすすめの記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料相談:任意売却カウンセリング相談室

住宅ローンの返済が厳しくて苦しい思いをされてはいませんか?


毎日毎日お金のことで頭がいっぱいで日々苦しまれている方は非常に多くいらっしゃいます。


しかし住宅ローンの返済を含め、お金の問題は専門的な知識と経験を持ったプロがきちんとした手続きを踏むことでたいていのことは何とかなります。


今まで300件以上の任意売却コンサルティングを成功させてきた経験からも断言できます。


少しでもあなたの次の生活を立て直してお金の心配のない平穏な生活を取り戻して頂けるよう、私は全力であなたのご相談にお応えしています。


任意売却カウンセリング相談室へ

【免責事項】

当サイトのすべてのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性等を保証するものではありません。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねます。 本免責事項、および、当サイトに掲載しているコンテンツ・情報は、予告なしに変更・削除されることがあります。

コメントを残す

*