PM&リーシング

独居老人の賃貸受け入れのリスクを軽減するポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
独居老人の賃貸受け入れのリスクを軽減するポイント

少子高齢化にともなって、高齢者が一人で住居を借りるケースは今後も増え続けると考えられます。

しかし、独居老人の賃貸を受け入れる場合、どうしても病気やケガ、あるいは最悪の場合亡くなるというリスクが思い浮かぶのではないでしょうか?

大家の立場でそういった独居老人独特のリスクを軽減するポイントは、孤独死リスクをヘッジすることに集約されます。

高齢者の孤独死のリスクは保険とセンサーを活用することで補償と予防の面からヘッジできます。

この記事では、独居老人の賃貸受け入れのリスクを軽減するポイントをご紹介します。

独居老人の孤独死に対応する方法

高齢者人口が全体の25%を占め、今後さらに高齢者比率が上昇していく日本において、高齢者に対する入居促進の対策は欠かせなくなると考えられます。

独居老人の賃貸を受け入れないで済むのであればそれでよいのですが、入居率を考えると、物件によっては受け入れざるを得ない物件もあります。

独居老人の賃貸を受け入れるにあたって大家が考えておくべき最大のリスクは、やはり孤独死です。

少子高齢化や家族関係の希薄化に伴い、孤独死のニュースを頻繁に目にするようになっています。

生ある者はいつかは亡くなりますし、高齢者であれば年齢と比例して亡くなる可能性も高くなりますが、問題は遺体発見までの時間にあります。

亡くなっているのを発見するまでの時間によって、大家が受けるダメージは大きく変わってきます。

死後1ヶ月以上経過していると大幅な工事が必要になりますが、数日であればそれほど問題にならない場合もあります。

死後2ヶ月の腐乱遺体が発見された部屋で、一度スケルトンにしてやり直すリフォームが400万円ほどかかったというケースもあります。そして、それだけではなく次の入居者が入るまでに半年以上かかり、その家賃は孤独死が起こる前の2割引きという水準に下がるということが起こっています。

収益物件の運用においては、保有するアパートで孤独死が起こり、発見が遅れてしまった場合、資産価値の大幅な毀損となるので大家としては絶対に防ぎたいところです。

発見に関しては運次第のところはありますが、独居老人が入居している物件は管理会社に巡回に力を入れさせ、出来る限り頻繁に物件を見回ってもらうなどの対策が必要です。それでも完全に孤独死を発見することはできませんが、何もやらないよりは効果的です。

 

独居老人の孤独死に対するリスク管理①保険

独居老人の孤独死に対するリスク管理としては、入居保険の活用が挙げられます。

少額短期保険の孤独死に対応した入居者保険などです。

これは万が一入居者が孤独死した場合、大家が孤独死によって被った損害の補償を受けられる内容となっています。

孤独死が発見された場合、家賃保証分として最大200万円、原状回復費用相当分として100万円が補償される、かなり手厚い保険です。

これによって万が一孤独死が起こってしまっても、原状回復費用や家賃相当額が補償されることになります。

保険の費用負担は大家で、1戸あたり3000円程度で1棟単位で加入できます。

高齢の独居老人を入居させる場合には必ずこういった補償のある入居者保険などを検討することをおすすめします。

 

独居老人の孤独死に対するリスク管理②センサー

孤独死は未然に防ぐことができればそれに越したことはありません。保険はあくまで事後の金銭的なリスクヘッジにはなりますが、予防はできません。

そこで善後策として、独居老人世帯にセンサーを設置するという方法があります。

費用は1台あたり4~5万円程度です。

このセンサーは設定した時間で人が動かなければ自動的に管理者に知らせる機能があり、入居者の異変にいち早く気付くのに役立ちます。

行政によってはこのセンサーを設置する費用に補助を出しているところもあるので、もし導入を検討する際は確認するとよいでしょう。

まとめ

少子高齢化にともなって、高齢者が一人で住居を借りるケースは今後も増え続けると考えられます。

大家の立場でそういった独居老人の賃貸受け入れのリスクを軽減するポイントは、孤独死リスクをヘッジすることに集約されます。

独居老人の孤独死のリスクは、賃貸を受け入れる限りは完全には防ぐことは出来ないが、保険とセンサーの活用で金銭的な補償と予防の面からヘッジできるので事前によく検討する必要があります。

あなたにおすすめの記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料相談:不動産投資のセカンドオピニオンサービス

不動産投資に関して聞きたいことがあるときにいったい誰に相談すればよいのでしょうか?


◎物件購入を検討しているが本当にこの物件でよいのか?

◎不動産会社に勧められている物件は本当に買いなのか?

◎不動産会社の担当者に言われたことの信ぴょう性は?

◎査定してもらった売却価格は妥当なのか?

◎節税対策や相続税対策をどのように進めるべきか?

◎今後の展開や投資戦略はどうしていけばよいのか?


など、様々な不動産投資に関する疑問に対して、プロの目線で第三者のアドバイスを無料で受けることができます。


是非、不動産投資のセカンドオピニオンサービスをあなたの不動産投資にお役立てください。


不動産投資のセカンドオピニオンサービス

【免責事項】

 

当サイトのすべてのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性等を保証するものではありません。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねます。
本免責事項、および、当サイトに掲載しているコンテンツ・情報は、予告なしに変更・削除されることがあります。

コメントを残す

*