相続

悪さをすると相続人の地位を失い相続できなくなる欠格・廃除

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
悪さをすると相続人の地位を失い相続できなくなる欠格・廃除

相続人となって遺産をもらえる立場でありながら、その資格を失ってしまい、財産をもらえなくなることがあるのをご存知でしょうか?

  • 悪さをして法律上当然に相続人の資格を失う・・・欠格
  • 法律上当然ではないが被相続人の意思で相続人としての地位をはく奪・・・廃除

の二つがあります。

この記事では、悪さをすると相続人の地位を失い相続できなくなる欠格・廃除をご紹介します。

欠格

問答無用で相続人としての地位をはく奪されます。

そのためには相当の悪行が必要になります。

ドラマにでも出てきそうな内容ですが、現実は小説より奇なりです。

  1. 財産が欲しいために、自分が相続人となれる人物を殺し、または殺そうとして刑に処せられた者やじぶんよりも優先度が高い相続人を殺し、または殺そうとして自分が先順位者になろうとして刑に処せられたもの。

    完全に凶悪犯罪者です・・・。

  2. 被相続人が殺されたことを知ったにも関わらず、これを告訴・告発しなかったもの。

    共犯者です・・・。

  3. 詐欺や脅迫という手段で被相続人となるものに遺言書を書かせたり、既に作成してある遺言書を取り消したり、または変更することを妨げたもの。
  4. 遺言書を偽造・変造したり、破棄・隠匿したもの。

などが当てはまります。

なぜ殺す殺すと書いてあるかというと、相続は・・・そうです、死なないと始まらないからです。

これらは相続でなくとも普通に犯罪ですから、問答無用に相続人としての地位を失います。

 

廃除

廃除は欠格とは違い、被相続人の意思によって相続人の資格をはく奪する行為になります。

誰でも廃除することができるわけではなく、何か悪いことをした者に限られます。

具体的には、

  • 被相続人に虐待を加える
  • 被相続人に重大な侮辱を加える
  • 著しい非行を行う

などの場合です。

こういった者がいる時には、被相続人となる者は、自分の意思で廃除をすることができます。

廃除の方法は2通りあります。

  1. 生前に家庭裁判所に申し立てて行う、生前廃除。
  2. 遺言の内容に誰かを排除する旨の記載を行う遺言廃除。

相続人予定者の中に目に余る行為がある場合には、生前から廃除の手続きができます。

また、遺言廃除でも家庭裁判所への申立が必要になりますが、遺言書が有効になる時には、被相続人はもうこの世にはいないことになります。

この場合は遺言執行者という、遺言内容を実現させるための実務者が家庭裁判所への申立を行います。

遺言執行者は遺言で定めることもできますし、それが無ければ家庭裁判所が選任してくれます。

欠格とは違って、廃除の場合は兄弟姉妹を廃除することはできません。

兄弟姉妹は遺留分を持たないからです。

遺言で相続分を与えなければ、兄弟姉妹はそもそも一切の財産を手にすることはできないので、わざわざ廃除しなくても、遺産を渡さない目的が成就できるからです。

まとめ

  • 被相続人の最後の務めとして、相続人間で争いが起こらないように、事前の協議をきちんとすることはもちろんのこと、協議を乱したり、悪さを働く連中が不幸にもいる場合には、不穏な動きを察知したら廃除を検討することも必要といえる。

あなたにおすすめの記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

【免責事項】

 

当サイトのすべてのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性等を保証するものではありません。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねます。
本免責事項、および、当サイトに掲載しているコンテンツ・情報は、予告なしに変更・削除されることがあります。

コメントを残す

*