シミュレーション

DCR(負債支払安全率)の求め方とレバレッジの安全性との関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
投資指標DCR(負債支払安全率)で投資物件の安全性を把握する

不動産投資のレバレッジの安全性を計るものさしをご存知でしょうか?

投資はリターンが大きければリスクも大きくなります。

逆に必要以上に安全にいきすぎると、リスクは小さくなりますが、リターンも小さくなってしまいます。

リスクが大きくなり過ぎないところで適度にレバレッジをかけて投資リターンを最適化したいものです。

そこで押さえておきたいのが、レバレッジの安全性を知るということです。

この投資指標をDCR(負債支払安全率・デッドカバーレシオ)といい、レバレッジの安全性を数値化することができ、比較検討に役立ちます。

この記事では、DCR(負債支払安全率)の求め方とレバレッジの安全性との関係をご紹介します。


DCR(負債支払安全率)の求め方とレバレッジの安全性との関係

DCR(負債支払安全率)の算出方法

DCR(負債支払安全率)の算出方法

DCRとは、投資のレバレッジの安全性、すなわちローンの返済余力を表します。

DCRは以下の式で求められます。

◎投資物件のレバレッジの安全性DCR(負債支払安全率)=NOI(NET収入)/ADS(年間返済額)

投資指標をフル活用した一棟アパート購入実戦シミュレーションと同じ事例で計算します。

資金計画・投資分析シミュレーションを下記に記載します。

引き直し賃料(月額)
引き直し賃料 ¥720,000
 ▲空室損5% ¥36,000
収入合計 ¥684,000
支出の部(月額)
BM管理費 ¥10,000
共用部光熱費 ¥5,000
固定資産税・都市計画税 ¥31,683
賃貸管理料 ¥50,274
CATV ¥6,300
支出合計 ¥103,257
収支(年額)
GPI ¥8,208,000
▲OPEX ¥1,239,088
NOI ¥6,968,912
▲ADS ¥5,405,319
 CF ¥1,563,593
投資分析
LTV 93.58%
CCR 12.41%
FCR 6.87%
表面利回り 9.09%
K% 6.08%
レバレッジ
BE% 76.90%
最低稼働戸数 9.23戸
DCR 1.29
PB 8.06年

 

必要資金/資金調達対照表
必要資金 資金調達
 諸費用:650万円 自己資金
1,260万円
物件金額:9,500万円
(購入総額:1億150万円)

FCR=6.87%
NOI=696.8万円

借入金額:8,890万円
(LTV=93.58%)
金利:4.5%
期間:30年
K%=6.08%
ADS=540.5万円
CF=156.3万円

上記の事例でみると、NOI(NET収入)は696.8万円です。

ADS(年間借入返済額)が540.5万円なので、696.8万円の中から540.5万円を支払って返済する計算になります。

その残りがCF(キャッシュフロー)の156.3万円となります。

DCR(負債支払安全率)はこのNOIがADSの何倍あるかをみています。

簡単に言えば、NOIがADSよりも大きく、その差が大きければ大きいほど、その投資は安全とも考えることができるからです。

将来的に、

  • 金利が上がる
  • OPEX(運営費)が上昇する
  • 空室率が上がる
  • 家賃が下がる

などが起こった際に、持ちこたえられる余力があるかどうかという観点からみることができます。

この事例でのDCRの計算は下記となります。

◎DCR=NOI/ADS=696.8万円/540.5万円=1.29

 

DCR(負債支払安全率)の考え方

DCR(負債支払安全率)の考え方

この事例では、DCRが1.29ですので、ADS(年間返済額)540.5万円が1.29倍に上がっても持ちこたえられる余力があるということになります。

そのラインまではCF(キャッシュフロー)が赤字にならないということです。

たとえば、NOI(NET収入)である営業純利益が100万円、そのうちADS(年間返済額)が100万円だとします。

この場合、

DCR(負債支払安全率)=1.0

CF=0

となります。

  • 金利が上がる
  • OPEX(運営費)が上昇する
  • 空室率が上がる
  • 家賃が下がる

などで、瞬時に持ち出しになってしまう可能性が極めて高いということを示しています。

それでは、NOIが130万円入ってきて、ADSで100万円出ていくとすると、

DCR=1.30

CF=30万円

となり、30万円分の返済余力がある物件ということになります。

やはり、極力この差を設けておいた方が安心だと思います。

DCRは1.30前後を確保しておくことで、多少の変動は吸収でき、すぐにCFがマイナスになる心配をせずにすみます。

では、この事例でフルローンのケースを投資の安全性から考えてみましょう。

必要資金/資金調達対照表
必要資金 資金調達
 諸費用:650万円 自己資金:650万円
物件金額:9,500万円
(購入総額:1億150万円)

FCR=6.87%
NOI=696.8万円

借入金額:9,500万円
(LTV=100.00%)
金利:4.5%
期間:30年
K%=6.08%
ADS=577.6万円
CF=119.2万円

この場合、

CCR(自己資本配当比率)=CF/自己資金=18.33%

となり、かなり魅力的となります。

しかし、

DCR(負債支払安全率)=NOI/ADS=1.20

となり、1.30を大きく割り込んでいるため、投資の安全性は少し低くなってしまいます。

安全性を高めるためには、

  • 自己資金を増やす
  • 価格交渉で物件価格を下げる

などの選択肢が考えられます。

  • 投資効率であるCCR(自己資本配当比率)
  • 投資の安全性であるDCR(負債支払安全率)

は相反することがご理解いただけると思います。

効率(CCR)も大切ですが、その投資の安全性を見るDCRが確保できていればこその効率(CCR)とも言えますので、両者のバランスを探りながら、投資の最適化を狙っていくことで、比較的安全に高収益率を狙うことができるようになります。

まとめ

  • 投資で大きなリターンを狙えばリスクも大きくなる。投資物件のレバレッジの安全性がどれくらいの水準であるかの投資指標DCR(負債安全比率)を活用することで、リスクをとりながら、投資効率を最適化することができる。
  • DCR(負債安全比率)はNOI/ADSで算出でき、NOIがADSの何倍あるかを示している。DCR=1.0でNOI=ADSとなり、純利益がすべて返済の支払いに回ることになる。
  • 投資効率の指標であるCCRと、投資の安全性の指標であるDCRは相反することになる。CCRを高めていけばDCRが下がり、効率は良いが安全性が下がる。CCRを低くすればDCRが上がり、投資の安全性は高まるが投資効率が下がることになる。
  • 効率(CCR)も大切だが、その投資の安全性を見るDCRが確保できていればこその効率(CCR)とも言える。両者のバランスを探りながら、投資の全体最適化を狙っていくことで、比較的安全に高収益率を狙うことができる。

この記事を読んだ方は他にこんな記事を読んでいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料相談:不動産投資のセカンドオピニオンサービス

不動産投資に関して聞きたいことがあるときにいったい誰に相談すればよいのでしょうか?


◎物件購入を検討しているが本当にこの物件でよいのか?

◎不動産会社に勧められている物件は本当に買いなのか?

◎不動産会社の担当者に言われたことの信ぴょう性は?

◎査定してもらった売却価格は妥当なのか?

◎節税対策や相続税対策をどのように進めるべきか?

◎今後の展開や投資戦略はどうしていけばよいのか?


など、様々な不動産投資に関する疑問に対して、プロの目線で第三者のアドバイスを無料で受けることができます。


是非、不動産投資のセカンドオピニオンサービスをあなたの不動産投資にお役立てください。


不動産投資のセカンドオピニオンサービス

【免責事項】

当サイトのすべてのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性等を保証するものではありません。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねます。
本免責事項、および、当サイトに掲載しているコンテンツ・情報は、予告なしに変更・削除されることがあります。

コメントを残す

*