投資戦略理論

会社経営者に収益物件の運用が向いている3つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
会社経営者に収益物件の運用が向いている3つの理由

会社経営者で本業以外に収益物件の運用を行っている人が多いのはなぜなのでしょうか?

それは会社経営者に収益物件の運用での不動産投資は非常に向いている投資先といえるからです。

投資先としては、収益物件の他にも、株や投資信託、金などといった金融商品があります。

また、収入を増やすためであれば本業以外に例えば飲食店を手掛けるという選択肢もあります。

どちらが良い悪いという話ではなく、目的に応じて使い分けることが大切です。

ではなぜ収益物件がおすすめなのか、この記事では、会社経営者に収益物件の運用が向いている3つの理由をご紹介します。

理由①借り入れができる

収益物件は不動産です。

不動産の良いところは、資金の調達を金融機関からの借り入れで賄うことができるという点にあります。

株や投資信託を購入する資金は、原則として借り入れは行わないと思います。

つまり、キャッシュアウトの必要がなく、自己資金が少なくても取得できる点が、他の金融商品との大きな違いになります。

特に日頃から金融機関との取引関係があり、借り入れがしやすい会社経営者にとっては、この借り入れができる点が非常に有利に働きます。

 

理由②自分の力でコントロールできる

収益物件の運用は、成果を上げる過程をある程度自分の力でコントロールできます。

株価や配当金を自らコントロールすることは不可能です。

しかし収益物件の運用は、物件の見極めや管理方法など、自分自身および管理業務などを任せる管理会社の能力によって、ほぼコントロールできるという特徴があります。

会社経営者は、自分でコントロールできないことに投資することはできませんが、収益物件の運用であれば、ある程度の勝算を持って投資できることになります。

 

理由③他人に任せることができる

収益物件の運用は、他の事業と違って、他人である専門家に任せることができ、必ずしも自分で何かをしなければならないというわけではありません。

極端にいえば、自ら労働する必要がないといえます。

本業で忙しい会社経営者の貴重な時間を費やす必要がないということは、事業としては非常にメリットが大きいということです。

しかも、人を直接雇う必要もありません。

管理会社など外部への発注で十分回ります。

他人に仕事を任せるのは、会社経営者の得意な部分なのではないでしょうか。

なぜなら、日頃の事業から人を雇い、仕事を進める立場にいるからです。

不動産の細かいところまでは分からなくても、

  • 誰に何を任せればいいのか
  • その任せるパートナーとどのような人間関係を築けばいいのか

という点については、会社経営者にとっては本業と変わりない仕事です。

その点で、アパートやマンションは賃料設定を適正にすれば、よほどの事情がない限り入居者は確保できるためリスクを限定できるというメリットがあります。

まとめ

会社経営者に収益物件の運用が向いている理由は、

  • 借り入れができる
  • 自分の力でコントロールできる
  • 他人に任せることができる

の3点があげられます。

考え方や進め方、コントロールの仕方なども本業の仕事とあまり変わりないため、不動産投資は会社経営者にとって取り組みやすい投資だといえます。

あなたにおすすめの記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料相談:不動産投資のセカンドオピニオンサービス

不動産投資に関して聞きたいことがあるときにいったい誰に相談すればよいのでしょうか?


◎物件購入を検討しているが本当にこの物件でよいのか?

◎不動産会社に勧められている物件は本当に買いなのか?

◎不動産会社の担当者に言われたことの信ぴょう性は?

◎査定してもらった売却価格は妥当なのか?

◎節税対策や相続税対策をどのように進めるべきか?

◎今後の展開や投資戦略はどうしていけばよいのか?


など、様々な不動産投資に関する疑問に対して、プロの目線で第三者のアドバイスを無料で受けることができます。


是非、不動産投資のセカンドオピニオンサービスをあなたの不動産投資にお役立てください。


不動産投資のセカンドオピニオンサービス

【免責事項】

 

当サイトのすべてのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性等を保証するものではありません。
当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねます。
本免責事項、および、当サイトに掲載しているコンテンツ・情報は、予告なしに変更・削除されることがあります。

コメントを残す

*