シミュレーション|不動産投資シミュレーションでどんぶり勘定から数値化へ進化する

シミュレーションカテゴリーページ

収益物件の物件概要書を見て検討しても、今ひとつ判断がつきにくい部分があると思います。

物件の価格や表面的な利回りを見ても、先を見越した投資にはならないからです。

投資シミュレーションを行うメリットは、数値化することにより、客観的にデータを比較検討できることにあります。

様々な条件の物件を同じ基準にならして比べることができることになります。

これから不動産投資を始める人にとっては、数値化することにより比較検討がしやすくなります。

また、今までどんぶり勘定で不動産投資を行ってきた人も、今までの勘が正しいのかを確認することができ、さらに精度レベルの高い投資を行うことができるようになります。

そこで、投資シミュレーションの出番となるのですが、投資シミュレーションには様々な目的があり、その目的にあった投資シミュレーションを行うことが重要となります。

◎資金計画・資金調達のシミュレーション
◎キャッシュフローのシミュレーション
◎節税・税金対策のシミュレーション

など、投資指標を活用しながらシミュレーションに役立つコンテンツをまとめています。

シミュレーション

FCR(総収益率)の求め方とFCRと実質的利回りとの関係

投資指標FCR(総収益率)で投資物件の収益力を把握する

物件概要書に記載されている表面(グロス)利回りでは、その物件の実質の収益力をはかることはできません。 物件概要書に表面(グロス)利回りが10%、15%といった具合に記載されていても、表面(グロス)利回りは売主がたまたま現 […]

シミュレーション

一棟収益物件の購入判断シミュレーションの詳細解説事例

投資指標をフル活用した一棟アパート購入実戦シミュレーション

収益物件購入の際に、どの程度のレベルまでシミュレーションをしておけば安心なのでしょうか? 緻密にシミュレーションしようと思えばいくらでもできるのですが、手間がかかりすぎて現実的ではありません。 収益物件購入時のシミュレー […]