投資戦略理論|不動産投資での収益を最大化させるために必要な不動産投資戦略理論

会社員の不動産投資戦略

不動産投資は本業が忙しい会社員や会社経営者でも本当にできるのでしょうか?

実は資産を持たない会社員にとっては、数ある投資の中では不動産投資が最も適しているといえます。

そして本業の事業との補完効果や相乗効果を発揮して不動産投資の成果を上げやすいのがオーナー会社経営者でもあります。

やみくもに始めるのではなくそれぞれにベストな不動産投資戦略を持って不動産投資に取り組むことで、成功の可能性はさらに高まります。

会社員投資家には会社員投資家の、オーナー会社経営者にはオーナー会社経営者の不動産投資を成功に導く投資戦略理論があります。

投資戦略理論

減価償却費の違いで税引後キャッシュフローが大きな差になる比較事例

減価償却費の違いで税引後キャッシュフローが大きな差になる事例

税金に大きな影響を及ぼす減価償却費が税引き後のキャッシュフローにどれほどの影響力があるのかご存知でしょうか? キャッシュフローの目標設定は税引き前キャッシュフローで行っても良いのですが、本当の意味でのキャッシュフローとは […]

投資戦略理論

表面利回りと実質利回りとイールドギャップの関係性

表面利回りと実質利回りとイールドギャップの関係性

収益物件からインカムゲインを得る場合に、具体的には物件利回りと借入金利との差が利益となります。 簡単にいえば、金利1%でお金を借り、利回り7%で運用できれば、その差額である6%が利益になるということです。 利回りは一般的 […]

投資戦略理論

物件価格が大きく下がらない収益物件の2つの条件

物件価格が大きく下がらない収益物件の条件

物件価格が大きく下がらない収益物件の条件とはどのようなものでしょうか? 物件価格が下がらないというのは、投資信託でいえば元本が減らないということと同じです。 投資という視点で考えた時には、非常に重要になるポイントでもあり […]