投資戦略理論|不動産投資での収益を最大化させるために必要な不動産投資戦略理論

会社員の不動産投資戦略

不動産投資は本業が忙しい会社員や会社経営者でも本当にできるのでしょうか?

実は資産を持たない会社員にとっては、数ある投資の中では不動産投資が最も適しているといえます。

そして本業の事業との補完効果や相乗効果を発揮して不動産投資の成果を上げやすいのがオーナー会社経営者でもあります。

やみくもに始めるのではなくそれぞれにベストな不動産投資戦略を持って不動産投資に取り組むことで、成功の可能性はさらに高まります。

会社員投資家には会社員投資家の、オーナー会社経営者にはオーナー会社経営者の不動産投資を成功に導く投資戦略理論があります。

投資戦略理論

築古の木造アパート投資のメリットと注意点

築古木造アパート投資のメリットと注意点

築古の木造アパートへの投資は本当に収益性が高いのでしょうか? 築古物件への投資は、うまく満室にできればという条件付きで、高い収益が望めるといえます。 築20年以上といった築古の木造アパートを利回り15%以上で購入してリフ […]

投資戦略理論

会社員の不動産投資で絶対に考慮すべき3つのリスク

会社員が考えるべき3つの不動産投資リスク

不動産投資でリスクといわれるものはどのようなものがあるでしょうか? 家賃を下げないと入居者が決まらない 家事や地震による建物の損害 入居者の家賃滞納 など、様々なリスクが考えられますが、シンプルに考えると不動産投資のリス […]

投資戦略理論

運用目的別の収益不動産の選び方5つのポイント

収益不動産の物件選び運用目的別5つのポイント

収益不動産を取得する際に、その運用目的を明確にして目的に合った収益物件を選択しているでしょうか? 収益不動産の運用で利益を最大化させるためには、運用目的をはっきりさせてその目的に合致した収益不動産を取得するべきです。 収 […]