物件売却&出口戦略|一棟収益物件の売却と出口戦略で不動産投資の利益確定からさらなる拡大再投資へ


AM・出口戦略カテゴリーメニュー

一棟収益売却と出口戦略による利益確定からさらなる投資拡大へ。

不動産投資の最終的な利益は物件売却時に確定します。

イメージとしては物件保有中に残債が減っていき、物件売却時に大幅に売却益が出る形です。

◎投資全体で高収益を出すための一棟収益売却と出口戦略の重要性
◎築古木造アパートの減価償却を使った出口戦略による節税対策

など、これから一棟収益を購入する人にも、既に一棟収益を保有中の人にも役立つ、一棟収益不動産投資トータルで利益を確定させるための、一棟収益売却と出口戦略に役立つコンテンツをまとめています。


物件売却&出口戦略

専任媒介と一般媒介のどちらで売却するほうがよいのか?

専任媒介と一般媒介のどちらで売却するほうがよいのか?

収益物件を売却する際の不動産会社への依頼方法は大きく分けて、 専任媒介契約 一般媒介契約 がありますが、どちらのほうがよいのでしょうか? 専任媒介だと一生懸命売却活動をしてくれそうな気がしますし、一般媒介だと複数の不動産 […]

物件売却&出口戦略

地方の収益物件は売れるのか?地方物件の売り時と売り方のポイント

地方の収益物件は売れるのか?地方物件の売り時と売り方のポイント

地方の収益物件は東京や首都圏に比べて高利回りが目を引きますが、実際に購入した場合あとに売却するときにスムーズに売れるのか心配ではないでしょうか? せっかくの高利回りで稼いでも、売却時に大きく値を下げなければ売れないといの […]