物件取得

安定した資産運用に収益物件が適している3つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
安定した資産運用に収益物件が適している3つの理由

たとえ現在高収入を得ているという人でも、将来のお金に対する不安は尽きることがないのではないでしょうか?

経営者であれば企業の利益を出し続けることは簡単ではないうえに、苦労して利益を出しても高額な課税が待ち構えています。

さらに日本では人口減少が進み、財政問題も加わって年金が減ったりもらえなかったりするかもしれず、将来の不安は募る一方だと思います。

こうした中で資産を守り、未来に残していくためには、効果的な資産運用が不可欠です。

資産運用の手段には、預貯金をはじめ、株式投資や投資信託など様々な選択肢がありますが、安定的に資産を残していくという点では、収益物件の活用が最も適しているといえます。

この記事では、安定した資産運用に収益物件が適している3つの理由をご紹介します。

安定した資産運用に収益物件が適している3つの理由

①銀行から借り入れができる

1つ目は、物件購入のための資金を銀行から借り入れることができるという点です。

極端にいえば自己資金を一切持ち出さなくても収益物件は取得できる場合があります。原則的に銀行は株や投資信託といった金融商品を買うための資金は貸してくれることはありません。

少ない自己資金で投資の規模を拡大でき、レバレッジの効果を出しやすい運用戦略をとることができます。

 

②成果をコントロールできる

2つ目は、運用の成果をある程度はコントロールできるという点です。

株式や投資信託といった他の金融商品では、自分で価格をコントロールすることはできません。

しかし、収益物件はやり方次第で、たとえば入居率を高めるなどのポイントさえ押さえれば、損失を被る危険性を最小限に抑えることができるのです。株式や投資信託などの他の金融商品と比べても自分の力がある程度およびやすい運用であるといえるのです。

だからこそ、常に勉強してしっかりとした運用の知識が必要となるのです。

 

③他人に任せて本業に専念できる

3つ目は、収益物件の運用を投資ではなく経営として考えた場合、他人に任せた運用が可能であるという点です。

たとえば副業で飲食店を経営する場合、人件費がかかるうえに、膨大な時間も割かなければなりません。

何よりも従業員などの人の管理が最も大変です。

その点、収益物件の運用はすべての業務をアウトソーシングできるので、忙しいオーナー社長であっても、本業に専念しながら取り組むことが可能になります。

 

まとめ

事業や景気がずっと好調なら、そもそも資産運用をする必要性は低くなります。将来に不安がなければ何も備える必要がないからです。

しかし、現実はそうではありません。会社も個人も経営者もサラリーマンも不安だらけです。この先どうなるかわからないという不安が、日本人の間では日を追うごとに高まっているように感じている人も多いのではないでしょうか。それに加えて、所得が多い人でも富裕層に対しての増税が進む税金の対策を日々行っていかなければなりません。

特に経営者が資産を守るためには、事業環境の良い時に利益を先送りし、不測の事態に備えることが重要になります。

そのために収益物件の運用ほど最適な手段はありません。

逆に環境が悪くなり、慌てて収益物件を運用しようと思ってもすでに手遅れです。その時は金融機関が資金を貸してはくれなくなっているからです。

順調に利益や所得を得られているときほど、いち早く収益物件の運用を始めるべきです。

  • 今は忙しいが、本業はこの先どうなるか分からない
  • 会社や個人の資産がいつ失われるか分からない

という危機感を持って収益物件の運用をしていくことがこれからの時代に備えるためにも大切になると考えられます。

あなたにおすすめの記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

無料相談:不動産投資のセカンドオピニオンサービス

不動産投資に関して聞きたいことがあるときにいったい誰に相談すればよいのでしょうか?


◎物件購入を検討しているが本当にこの物件でよいのか?

◎不動産会社に勧められている物件は本当に買いなのか?

◎不動産会社の担当者に言われたことの信ぴょう性は?

◎査定してもらった売却価格は妥当なのか?

◎節税対策や相続税対策をどのように進めるべきか?

◎今後の展開や投資戦略はどうしていけばよいのか?


など、様々な不動産投資に関する疑問に対して、プロの目線で第三者のアドバイスを無料で受けることができます。


是非、不動産投資のセカンドオピニオンサービスをあなたの不動産投資にお役立てください。


不動産投資のセカンドオピニオンサービス

【免責事項】

当サイトのすべてのコンテンツ・情報につきましては、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、必ずしも正確性・信頼性等を保証するものではありません。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねます。 本免責事項、および、当サイトに掲載しているコンテンツ・情報は、予告なしに変更・削除されることがあります。

コメントを残す

*