2016年11月



税金&節税対策

収益物件を誰の名義で取得して節税するのかの判断基準

収益物件を誰の名義で取得して節税するのかの判断基準

収益物件を運用して資産形成を行う場合に、取引主体の選択が重要になります。 節税面から考えると法人で取得したほうがメリットは多そうですが、法人を作って維持していくのにもコストがかかります。 法人と個人、配偶者や子供など、ど […]